アンゴラ村長が久々TV出演もほぼ喋らず…「出てる意味ある?」「謎過ぎる」

(C)AshTproductions / Shutterstock

5月30日に放送された『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、男女お笑いコンビ『にゃんこスター』のアンゴラ村長が出演。しかし、しゃべる場面がほとんど放送されず、視聴者から「空気」「いる必要ないだろ」などと評されてしまった。

この日、同番組は「今、千葉女子が熱い! 埼玉よりイケてる千葉の女!!」と題し、千葉と埼玉出身の女性タレントによる〝お国自慢〟や〝地元あるある〟を放送。埼玉県本庄市出身のアンゴラ村長は、モデルの益若つばさ、女優の夏菜とともに埼玉女子として出演した。

しかし、アンゴラ村長はなかなかトークに入っていかず、放送中に映る場面はほとんどナシ。ようやくしゃべったかと思えば「(埼玉に海が)欲しいですね」との一言が提供バックに流れるだけで、全く存在感を示せないまま番組は進行していった。

 

「芸人なのに…」との声まで

番組中盤、トークが制服の話題へ移ると、MCの『フットボールアワー』後藤輝基が「制服でしょ?」とアンゴラ村長に問い掛ける場面が。しかし、アンゴラ村長は「制服でした」と一言発するのみで、見せ場らしい部分は「高校のときにドリームコンテストという自分の夢をプレゼンする大会があって、優勝して私も10万円もらったんです」と終盤に語ったくらいだった。

ツイッターでは、

《アンゴラ村長一言もしゃべんないな(笑)》
《夏菜の方がよっぽど面白かったw》
《アンゴラ村長久しぶりに見たなーと思ったけど、二言くいしかしゃべってない》
《何より気になったのはアンゴラ村長、芸人なのに一切しゃべらん》
《アンゴラ村長出てる意味ある?》
《何でキャスティングしたか謎過ぎ》

などと心配にも似た声が。また、こうした感想が目にも留まったのか、本人も、

《仕事でまだ見れてないのですが…》
《千葉が中心の回であまりしゃべってなかったかもですが(中略)また埼玉出身として呼んでもらえるよう良いとこを発信したり頑張ります!》

などとツイッターを更新している。

本人は次回に反省を生かすと表明しているが、そもそも再び呼ばれるかどうかは微妙な感じだ。

 

【画像】

AshTproductions / Shutterstock

【あわせて読みたい】