自殺騒動の元『KARA』ク・ハラに日本での活動を推奨する声「あっちは闇が深い」

(C)Motortion Films / Shutterstock

韓国のガールズグループ『KARA』の元メンバー、ク・ハラが、自身の起こした自殺未遂騒動について、去る5月27日、関係者を通じてコメントを発表した。

《皆さま このたびはご心配をお掛けして、お騒がせしてしまい大変申し訳ありません。体調は回復してきています。いろいろなことが重なり心がつらくなってしまいました。本当にごめんなさい。これからは心を強くしてまた元気な姿を見ていただけるよう努力します。このたびは本当に申し訳ありませんでした》

韓国メディアの報道によると、ハラが26日未明にソウル市江南区の自宅で倒れていたところを、マネジャーが発見。病院に搬送され、治療を受けたという。

自殺を図った発端とされるのが、昨年9月の元カレへの暴力疑惑。別れ話のもつれから、ハラが元カレを暴行したとして警察沙汰になった。