小林麻耶の“芸能界復帰”宣言が「大仁田厚かよ!」と爆笑される

小林麻耶 

(C)まいじつ

昨年8月に芸能界引退を発表した元TBSアナウンサーでタレントの小林麻耶が、5月31日に自身のインスタグラムで〝芸能界復帰〟を発表した。小林は前日の30日に放送された『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)の中で、芸能界引退の真相を明かしたばかりだったのだが…。

小林はインスタグラムで、

《体調のため、事務所を辞めました。引退をするために辞めたわけではありません。その後、引退報道が流れました。なんで引退になってしまっているのだろうと思いました。体調が悪かったので引退でも仕方ないかなと思っていました。記者に追われ、怒りに任せ引退しているのでとブログで書いてしまいました。こういう経緯なので、引退撤回ですか? ということに対して、どういう表現をしたらいいのかというのが現状です。体調が良くなった今、仕事をしていきたいと思います》

などとコメントしている。

View this post on Instagram

昨日は番組を観てくださってありがとうございます! あたたかいコメントもありがとうございます! 番組内で話させていただきましたが 体調の為、事務所を辞めました。 引退をする為に辞めた訳ではありません。 その後、引退報道が流れました。 なんで引退になってしまっているのだろうと思いました。 体調が悪かったので引退でも仕方ないかなと思っていました。 記者に追われ、怒りに任せ引退しているのでとブログで書いてしまいました。 こういう経緯なので、引退撤回ですか?という事に対して、どういう表現をしたらいいのかというのが現状です。 体調が良くなった今、仕事をしていきたいと思います。 もう仕事はできないと思っていました。 このようなご報告が出来る事を嬉しく思います。 6月2日日曜1700から7.2時間の生放送 AbemaTVの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんのレギュラー番組「7.2新しい別の窓」に夫婦で生出演します。 番組内の企画コーナー「プチ挙式」に参加します!

A post shared by 小林麻耶 / MAYA KOBAYASHI (@maya712star9) on

「ややこしい言い回しですが、つまり麻耶が言っていることは、『私はもともと引退したとは言っていない!』。でも、『怒りに任せて、引退しているとも言った!』ということ。そしてプライドなのか何なのか分かりませんが、〝引退撤回〟という言葉は使いたくないのだそう。元アナウンサーとは思えないほど、言葉に全く重みがない人ですね」(芸能記者)

 

元アナウンサーなのに言葉遣いが雑

ファンからは、

《本当に本当につらかったですよね》
《麻耶ちゃんは何も悪くないし誰よりも頑張ってます》
《今までみたいにテレビに出てくださいね》
《麻耶さんの幸せなことだったら何でも応援します》

などと優しい声が投稿されているが、匿名掲示板では、

《やっぱそうなるよね》
《だと思った》

などといった呆れる声や、

《大仁田厚かよwww》
《宮崎駿かよwww》

など、引退撤回を何度も繰り返す著名人をなぞって笑う声も散見された。また、

《別にいいけどさ、いつまでも亡くなった妹のこと語ってお涙頂戴してお金いただくのはどうかと思うよ》
《妹が亡くなってるのに死にたいなんて言ってみたり 言葉が軽い人で信用できないわー》
《妹さんお亡くなりになってるのに、死にたいとか言ってほしくなかった》

など、やはり言葉を雑に使うことに批判が寄せられている。

小林はTBSのころからアンチが多いアナウンサーとして有名だった。芸能界復帰は果たして順調にいくのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】