小林麻耶したたか…“芸能界復帰”に『新しい地図』を利用した裏事情

小林麻耶 

(C)まいじつ

このところ、さまざまなメディアに出演し、報じられていた「引退」をキッパリと否定し始めたタレントの小林麻耶。今度は『新しい地図』の3人を〝利用〟したと囁かれている。

「誰もが、小林は引退したと思っていました。昨年、結婚と同時に事務所C社を辞めたことを公言。レギュラーもないし、引退と考えるのが普通でしょう」(芸能ライター)

小林は5月31日、「引退したとは言っていない」旨の説明をし、ちゃっかり芸能界への〝復帰〟を宣言している。

「小林が所属していたC社の人間は、みんな憤慨していますよ。彼女が短期間でも〝偽装引退〟したのは、事務所にマネジメント料(キャスティングなど)を取られるのが嫌だったからだといいます。そのため引退を装い、縁を切ったのです」(同・ライター)

しかも新たに分かったのは、C社とは所属ではなく〝提携〟だったというのだ。

「提携は、C社が仕事を取ってきてもいいし、自分で営業しても問題ないのです。業務提携なので、C社が取ってきたものはマネジメント料が取られ、自分で取ったものは全額自分のもの。少しでもC社に取られるのがイヤで契約を切ったようです。実は当時から『すぐ復帰する予定。偽装契約切り』と陰口が出ていました」(芸能プロ関係者)

 

自分のブログを読み直せ

小林は昨年7月、整体院を経営するK氏と結婚。

「勘違いする人も多いのですが、整体師は国家資格ではありません。ですから、どこかで整体を習えば、1日で整体師を名乗れます。実のところ『柔道整復師』『あん摩マッサージ指圧師』の2つ以外は、資格を持ってなくても開業できるのです。言葉は悪いのですが、整体師は〝自称資格〟です」(同・関係者)

K氏とは、どんな人物なのか。

「ヒーリング整体師とかいう話で、宇宙と肉体、精神論を説くことで回復に導くそうです。ヨガにも詳しいみたいで、よく芸能人がハマるスピリチュアル系のようですね」(週刊誌記者)

小林は冒頭の『新しい地図』による6月2日放送のAbemaTV『7.2新しい別の窓』で、自身の〝プチ結婚式〟を生放送。さらにそれに対し、次のようにブログでコメントした。

《体調のため、事務所を辞めました。引退をするために辞めたわけではありません。何で引退になってしまっているのだろうと思いました》

しかし、これは〝ウソ〟に等しい。

「昨年10月3日付のブログで『事務所を辞め……仕事を辞め……』と書いているんです。これで引退じゃなければ何だというのでしょう。『新しい地図』には個人で売り込みにきたと聞きます。夫は資格を持っていないので、小林との結婚で評判ガタ落ち。要するに経済的苦境なのでしょう」(同・記者)

金がなくて唐突復帰…。果たして〝エサ〟を与えるのはどこか。

 

【あわせて読みたい】