溝端淳平“漢字問題”で超恥ずかしい回答「こんな人初めてだよ」

溝端淳平

(C)まいじつ

6月3日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演した俳優の溝端淳平が、Sクラスの〝おバカ〟ぶりをさらして視聴者の失笑を買ってしまった。

毎週土曜放送のドラマ『仮面同窓会』(同系)に主演している溝端は、同じく同ドラマ出演の女優・瀧本美織とともに「ネプリーグ」へ参戦。しかし、穴埋め問題を答える最初のコーナーからつまずいてしまい、簡単な計算やバッハの楽曲『G線上のアリア』を間違える不安なスタートを見せていく。

続いて、クイズは漢字の読み書きを答える『日本語ツアーズバギー』に移り、溝端はトップバッターを担当することに。「せめてボーナスステージくらいは僕1人で行けたらと思うんですけど…」と控えめに意気込みを語ると、1問目に「夏至」の読みを答える問題が出題された。

 

30まで「夏至」を知らずに生きてきた!?

すると、溝端はいきなり「え、ちょっと待って」とパニック気味に固まってしまい、チームメイトからは「とりあえず何か入れましょ!」との声援が。その後、「かす」と入力するも当然はじかれてしまい、「これヤバイ」と慌てながら「なつ」と入力した時点で時間切れとなってしまった。

回答者が交代しても「え? 分かる?」とうろたえる溝端に対し、バトンを引き継いだ瀧本は「分かるよ!」と少し落胆したようなトーンに。コーナー終了後にも、『ネプチューン』名倉潤から「言いにくいけど溝端くん…」「『夏至』は知らんと通ってきたか」とイジられてしまい、溝端本人も「ホンマに分からなかったです」と知らない単語であることを認めていた。

ツイッターにも、

《溝端淳平バカ過ぎて笑うw》
《仕事ないよこんな馬鹿じゃ》
《溝端淳平がバカ過ぎてもはや笑えない…》
《溝端淳平ってアホの子なのか…(絶句)》
《よかったねイケメンで》
《夏至を【かす】なんて読む人初めてだよ ご飯口から吹っ飛んだじゃん笑》

などといった感想が。

溝端は今年30歳の大台を迎えるが、今や人生100年時代といわれている。年相応の知性を身に付けるのに時間はタップリあるので、ガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】