『南キャン山里』だけじゃない! 超ハイスペックの独身キモメン芸人たち

山里亮太 

(C)まいじつ 

6月5日、『南海キャンディーズ』山里亮太と女優の蒼井優の電撃結婚が報じられた。〝美女と野獣〟カップルなどと揶揄する声も上がっているが、一方で〝三高〟「高身長・高学歴・高収入」というモテ男の条件を、山里は『178センチ』『関西大学卒』『テレビ、ラジオともにレギュラー番組複数持ち』と十分満たしていることを鑑みれば、蒼井が山里をチョイスしたのも納得。決して〝格差婚〟ではない。

42歳で年下の美人人気女優をゲットし、〝キモメン独身芸人〟から一躍、羨望の目を向けられることになった山里。そこで今回、山里のように〝三高〟で〝キモキャラ〟で、かつ〝まだ余っている〟独身芸人を紹介しよう!

ふかわりょうは、177センチ、慶應義塾大学卒というスペック。収入に関しても、人気情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)でメインMCを務めたり、頻繁にラジオ番組やDJイベントに出演したりなど、幅広く活躍しているので申し分ない。

「現在44歳のふかわは、昨年2月に一部週刊誌で、モデル風美女と半同棲中だと報じられました。番組の出演者から交際について追及されると『私も結局、1人じゃ何にもできないんですよ。ポンコツなので』と交際自体は認めていましたね」(芸能誌ライター)

ふかわよりもテレビ露出が多い芸人でいえば、『フットボールアワー』岩尾も〝三高キモキャラ〟だ。身長171センチと平均より少し高い程度だが、山里と同じく関西大学卒。相方の後藤輝基の方がテレビ露出は多いものの、岩尾もそれなりに高収入なのは確実。

「岩尾は、以前セクシー女優やフリーカメラマンとの同棲疑惑が出ていました。自他ともに認める〝非モテ〟でも、一度も結婚できないようなスペックではないはずですが…」(同・ライター)

 

圧倒的なハイスペックはあの男…

青いスーツにしゃべくり漫才でおなじみの『銀シャリ』〝メガネの方〟橋本直も、実はかなりの〝三高〟だ。

「身長176センチ、偏差値70超えの難関校である関西学院中学校から高校、大学とエスカレーター進学している〝生粋の関学ボーイ〟です。幼少期からピアノを習っていたり、アメフト部で精を出したりなど、家柄も素晴らしい。そんな実家の後ろ盾に加え、2年ほど前に東京進出を果たした『銀シャリ』の活躍は言わずもがな。現在、38歳ですから、いつ結婚してもおかしくはない状況ですね」(同)

最後に、コミカルなリズムネタで小学生に大人気のひょっこりはんも、まさかの〝三高〟。意外にも身長は174センチと高めで、早稲田大学人間科学部を卒業している。

「2018年6月11日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、着用している衣装は『現在、同棲している彼女による手作り』だと、恋人の存在を明かしています。ひょっこりはんは、就職活動でテレビ局を希望していたがかなわず、お笑い養成所に入所したとのこと。衣装を手作りしてくれる彼女ですから、交際期間は相当長そうです」(同)

ただ、そんな上記の彼らをすべて上回るのは、『アンガールズ』田中卓志。身長188センチ、学歴は国立の広島大学卒、そして、貯金は1億円以上という圧倒的ハイスペックだ。日本で田中以上のスペックを持つ男性を探すことは超困難。確実に上位0.001%程度には入るだろう。

見事、田中を射止めるのは、果たしてどんな大女優なのか!?

 

【あわせて読みたい】