“衝撃の立ちバック”! 63歳で初濡れ場に挑んだ元アイドル浅田美代子『エリカ38』

映画『エリカ38』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『エリカ38』

配給/KATSU-do TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開
監督/日比遊一
出演/浅田美代子、平岳大、小松政夫、木内みどり、樹木希林ほか

数年前、投資詐欺の疑いで国際手配され、逃亡先のタイで拘束された女性の事件は記憶に新しいし、その女性の顔も覚えている。これをホットなうちに映画化しようと企画したのが、昨年、惜しまれつつ他界した樹木希林(享年75)というのも驚くが、投資詐欺女性を演じるのが、かつてのトップ清純派アイドルで〝アラ還〟となった現在も〝愛らしく優しい〟存在を保持していた浅田美代子というので二度ビックリ。往年のテレビドラマ『時間ですよ』以来、親交のある樹木が、浅田に「あんたが女詐欺師を演ったら面白いと思うよ」というのが、コトの発端だそうだ。

水商売をしている聡子(浅田美代子)は、喫茶店で声を掛けてきた伊藤という女性(木内みどり)に国際ビジネスマンという触れ込みの平澤(平岳大)を紹介される。やがて、聡子は平澤と深い仲となり、途上国支援のための投資という名目の詐欺に加担してゆく…。

 

六十路にしての大英断

欲望のままに金と男に溺れてゆくヒロイン像を、あの浅田が演じるのだからインパクトはかなりのもの。おまけに〝初濡れ場〟もあるのだから希少価値はある。前半、投資詐欺師の平澤と深い仲となるくだりでは、ホテルでの密会シーンで抱擁やキスはあるものの、マイルドで、元アイドルじゃあこんなものかと思ったが、後半、タイのイケメン青年を囲うあたりから〝淫風〟が漂ってくる。

メークをしっかり施すとタイトル通り〝38歳ぐらい〟に見えないこともない浅田が、日本国内で追い詰められ、唯一の心のよりどころとなるこの青年のいるタイへ飛び、豪華な屋敷で夜も昼も若い男の肉体を貪る浅田の姿は、ちょっと見逃せない。さすがにバストは見せないものの、ベッドシーンでは、青年の激しい律動に淫らな声を上げて反応するあたり、かつての〝美代ちゃん〟の面影はない。

圧巻なのは、ベッドの上だけでは飽き足らないのか、広い廊下とおぼしき空間で繰り広げられる〝立ちバック〟! 壁に手を突く浅田の熟尻を青年が持ち上げるようにして激しく突きまくるシーンは、カメラがやや引き気味とはいえ、相当の感じよう。

さて、六十路にして、この浅田美代子の変身。個人的には大英断、大蛮勇と称えたい。どうせなら三十路ぐらいで脱いでほしかった、の声は分かるが、それを言っちゃあオシマイだよ(笑)。ノーメークで、実年齢に近い経年劣化した素顔も、ちゃんとさらけ出す覚悟も立派。このところ女性詐欺師の映画が増えているが、三面記事風の作りを徹底させているのもボク好みだ。

 

【あわせて読みたい】