高橋メアリージュンが先輩女優にブチ切れ? 収録中の目つきに「怖い…」

高橋メアリージュン 

(C)まいじつ 

6月7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、高橋メアリージュンが出演。MC側としてゲストとの会話を盛り立てたのだが、ある女優にキレていると話題になった。

この日、番組にゲスト出演したのは、元大関・千代大海の九重親方と部屋の人気力士・千代丸、女優の星野真里。まず九重部屋を訪れ、九重親方と千代丸と対面すると、高橋は紅一点としての存在感を発揮。「Sな女性が好き」という千代丸のために、罵声を浴びせたり、千代丸の部屋から出てきた大量のエッチなグッズにリアクションしてみせたりした。

しかし、次に星野をゲストに迎えると、メアリージュンの様子は一変。星野がバラエティーが苦手で、すぐに泣きだしてしまったり、『ダウンタウン』特に浜田雅功が怖くて共演NGになったという〝か弱い女性エピソード〟を繰り広げる間、メアリージュンの顔からは笑顔が消え、あまり会話にも入ってこなかった。

 

嫌いなのは“自称サバサバ系”

この様子に、視聴者の多くが気付いたようで、

《高橋メアリージュン、星野真里を軽蔑したような目で見てるな。多分嫌いなタイプなんだろうな》
《メアリージュン時々星野真里を塵を見るような目をしてる》
《メアリージュンがくそほどおもんなそうなの笑える》
《高橋メアリージュン苦笑いしてるし顔引きつってる》
《星野真里は女に嫌われるタイプかな 一瞬高橋メアリージュンの怖い顔が映った気がした笑》
《メアリージュンが全く笑ってないのが、この女優を物語ってるよね》

などといった声が上がっていた。

「メアリージュンが以前この番組にゲストとして出演した際、〝自称サバサバ女〟が嫌いと明かしていました。〝自サバ女〟とは、『私サバサバしているから~』と言いながら、ブリっこ女性に対して文句を言ったりするねちっこいタイプ。芸能界だと、木下優樹菜、ダレノガレ明美、青山テルマのようなタイプですね。とすると、星野は特に嫌いなタイプではないはず。あまりバラエティー慣れしておらず、先輩女優がフューチャーされている場だったので、少しおとなしくしていただけだったかもしれません」(女性誌記者)

果たして、メアリージュンは何を思っていたのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】