草彅剛の『ぽん酢CM』にドン引き「怖過ぎる!」「腐ったユーチューバー」

草彅剛 

(C)まいじつ 

元『SMAP』の草彅剛が出演している昆布ポン酢のCMが、およそ3年ぶりに放送されている。

長年、当該商品のイメージキャラクターを務めてきた草彅だが、一部ネット上で、その挙動が「妙なテンションで少し怖い」「草彅くん絶対なんかキメてる」などと話題になっている。

草彅が出演する『ヤマサ昆布ぽん酢』は、1999年の発売から20周年を迎えたことを機に、約3年ぶりとなるテレビCMを制作。

「CMでは、まず草彅が両手のひらを大きく広げ《今日は『豚のっけサラダ』を作りまぁ~す!》とハイテンションで宣言し、野菜とゆでた豚肉の上から《う~っまそうでしゅ~!(美味そうです)》と高い声でうれしそうに昆布ポン酢をかけます。その後、《僕はずーっとこれ。昆布ポン酢》と、落ち着きを取り戻し、サラダを食べ《うまい!》と、顔をほころばせます。そして最後に、また異様に高いテンションで《記念ボトルでたぁ!》と、発売から20周年を記念した限定ボトルを宣伝し、15秒間のCMが終わります」(芸能記者)

 

すっかりユーチューバー仕様に?

簡単でおいしいレシピを草彅がおすすめする形なのだが、この〝テンションの上がり下がり〟に「怖い」と感じているような声が上がっている。

《草彅剛さんが終始、妙なテンションで少し怖いんだけど、どうしてあのテンションなんだろ?》
《草彅くんのテンションすごい。一本満足バーもあんな感じだったからアレが彼の素?》
《CMの草彅剛が腐ったユーチューバーみてえなしゃべり方で悲しい》
《草彅くん絶対なんかキメてるね》

などと、あわや〝クスリ〟の効果かと揶揄する声まで上がっている。

「このCMの中でも最も異様なのは、昆布ぽん酢をかけるシーンで『うまそうです~!』とセリフを言う場面でしょう。草彅はテンションが上がってしまったようで『う~っまそうでしゅ~!』と、言葉も表情も崩れています。しかもこのセリフ、何と草彅のアドリブだったというのです。この異様なテンションのしゃべり方の原因は、草彅自身が運営しているYouTubeチャンネルでもいかんなく発揮されているので、〝動画映え〟を意識するあまり大げさになり過ぎているのかも。以前、香取慎吾もコンビニでケーキを貪り食べるCMで、異様なハイテンションが視聴者を〝置いてけぼり〟にしていました。草彅・香取ともに30年ほど芸能界にいるにもかかわらず、〝異様〟な演技になってしまうのは、何か原因があるのでしょう」(芸能誌ライター)

前の事務所から解放された反動で、まだ〝ハイ〟になっているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】