平野紫耀一強!? キンプリ『さんま御殿』出演もグループ内格差に批判

King & Prince 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月11日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に平野紫耀ら『King&Prince』のメンバー5人が出演した。この日は「おバカ」と評されることの多い平野のトークで大いに盛り上がったが、他メンバーの目立つ場面が少なかったため「平野以外のメンバーも映してくれ」と批判が殺到。メンバー間の露出に関し「格差がある」と訴える声が続出している。

この日はキンプリのメンバーと女性お笑い芸人が対になって座り、議論を交わすというテーマ。平野は中央近くに陣取り、『ハリセンボン』の2人、ゆいP、紺野ぶるまらと共演した。

 

平野のエピソードトークが中心、他メンバーは「フォロー」

この日、視聴者の間で盛り上がったのは、平野が「天然だと言われるが、ファンレターに『いいかげん、天然ぶるのはやめてください』と書かれているのが嫌だ」と明かした場面。同僚の岸優太は「本当に天然だ」と主張する平野をフォローするように、あるエピソードを披露。平野が仕事終わりに歩きながら物を食べていたところ、物を噛みすぎて口から血を流していたことがあったと明かした。

この他、平野は女性がリップを塗った後に唇を慣らす仕草に「キュンとする」などと告白。番組は平野のエピソードトークを中心に進んだ。ツイッターでは永瀬廉に関する投稿が多く寄せられトレンド入りしたものの、番組そのものは「平野がメインの扱い」と見なす視聴者が大半。ファンは番組構成に不満を漏らしつつ、「メンバー間格差」があると嘆いていた。

《編集スタッフ下手くそかよ》
《テレビの映る回数が圧倒的に違う》
《キンプリも格差酷いんだね》
《平野 with キンプリみたいだったな》

また、メンバー5人を出演させ、キンプリを番組のメインに据えたことに、

《キンプリやっぱり1クールでやるの無理あるでしょ》
《事務所ゴリ押しやめてほしい》

などと疑問を呈する声もあった。

平野以外は終始地味だった『キンプリ』。いつか大逆転劇は起こるだろうか。

 

【あわせて読みたい】