元『HKT48』兒玉遥が久々登場で“激変貌”! ファンへの不義理も大炎上!

6月9日付で『HKT48』から卒業した兒玉遥が、舞台『私に会いに来て』の制作発表会見に登場。2017年12月以来、1年半ぶりに公の場に姿を現したのだが、ネット上ではその変貌ぶりに驚きの声が上がっている。

11年に『HKT48』に加入し、センターを何度も務めた兒玉。本店の『AKB48』の活動を兼任していた時期もあり、AKB総選挙では最高9位にまで上り詰めた。

しかし、17年2月ごろから体調不良を理由に活動を休止することが多くなり、一時は激太りしたことも。そして結局、昨年と今年前半はほとんど活動することなく、そのまま卒業を迎えることになってしまった。

今回登場した兒玉の姿を見ると、すっかり痩せており、身体をちゃんと絞ってきたようだ。アイドル活動を終えたことには「未練はないです」ときっぱり言ってのけている。

 

不義理な上に整形モンスター

すると、この発言にファンたちはイラっとしたようで、

《HKTでの復帰を信じて待っていたファンが少なからずいただろうから、ファンの前に出てきて一言あっても良かったのでは?》
《ファンに説明もナシで「未練ない」とか、芸能人として終わってる》
《何か不義理な感じがする》
《一般常識がない人には活躍してほしくない》

などといった批判が続出。また、久しぶりに顔を出したこともあるのか、

《だいぶ顔変わったよね、びっくりした》
《もともとそこそこかわいかったのになぜ別人になったの?》
《ニューハーフ並みの改造力》
《特に唇が変でキモいです》

など、整形疑惑を向けられている。

「兒玉はデビュー当時と顔が全く違うことから、以前から整形疑惑が向けられていました。元『AKB48』渡辺麻友のインスタグラム裏アカウントが流出した際、兒玉のことを〝整形モンスター〟と呼んでいたことも明らかになっています。この1年半の休止は、女優になるためのメンテナンス期間だったのかもしれませんね」(アイドルライター)

6月11日深夜放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、元AKB48の小林香菜が出演し、これまでに整形を10回以上しているとカミングアウトしていた。兒玉も、もし整形が本当なら、いっそ〝モンスター〟であると告白する方がファンも潔いと認めてくれるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】