『マツコ&有吉』番組でヤラセ? 奇跡の瞬間激写も疑惑の目が…

有吉弘行 マツコ・デラックス 

(C)まいじつ

6月12日放送分の『マツコ&有吉のかりそめ天国』(テレビ朝日系)にヤラセ疑惑が持ち上がっている。お笑い芸人のワッキーが麻雀の役満をアガる企画に挑戦。出る確率が0.05%という役に挑み、数時間で企画を遂行した。しかし放送後、麻雀の熟練者を中心に「あまりにも不自然」との声が続出している。

この日は「生まれて初めて上がった役が国士無双。一番大事にしている役」と語るお笑い芸人・ワッキーのスケジュールを6日間押さえて企画を進めた。目黒の雀荘を訪れ、同卓した雀荘客に企画の趣旨を伝えずに卓を囲み、カメラを固定して映し続け「国士無双」成就の瞬間を狙った。

 

確率0.05%の役満をわずか5時間で達成「相手の気遣いでは?」

挑戦途中、同卓者には国士無双を狙っていることがバレる場面も。それでもタイミングを見計らいながら、メンバーを変えてチャレンジを続けた。開始から32ゲーム(局)目、「北」待ちでテンパイしたワッキーに対し、麻雀歴40年以上という女性が最後の牌「北」を打ち、ワッキーの国士無双が成就した。

「やっぱり。やられた…」と国士無双を成立させてしまった女性が苦笑いする中、ワッキーはガッツポーズを作り、興奮した様子。確率0.05%という役満を5時間19分で実現させた達成感に浸っていた。

有吉は「ヤラセとはいえね…」と達成するまでのチャレンジ時間が非常に短く、役を成立させる「レア度」の高さを冗談交じりに強調していた。視聴者も「すごい」と騒然とし、「国士無双」がツイッターのトレンド入りする反響ぶりだった。

一方、うがった目で見る視聴者も一定程度存在。

《麻雀歴40年以上が国士をノータイムで振るわけないだろ》
《おばあちゃん絶対「北」捨てたら当たることくらい分かってたけど、そういう企画って気付いてたよね》
《国士フリ込みはヤラセって茶化されてもしゃーないレベル》

など、主婦が番組サイドに気を使って「北」を切ったのではと想像する声が相次いでいる。

本当に気遣っていたのならば、女性は非常に「番組思い」と言えるが、真相はいかに…。

 

【あわせて読みたい】