小倉優子“誕生日会の料理”に冷めた声…「何回も撮り直したんだろうなぁ」

小倉優子

(C)まいじつ

6月11日、タレントの小倉優子が自身のインスタグラムを更新し、長男の7歳の誕生日会に作った料理を公開した。

自宅に友人の家族を招いて誕生日会を開いたという小倉は、自身が作った料理や部屋に飾り付けた風船の画像をアップロード。パーティーだけあって料理にはかなり気合いが入っており、相当に手が込んだ様子がうかがえる。

2日で1万5000件以上の〝いいね!〟を獲得するほど好評を博した同投稿だったが、一方では、

《必要以上に見た目にこだわってるところが完璧主義っぽい》
《写真も何回も撮り直したんだろうなぁ》
《完璧主義で一緒にいたら息苦しそう》
《豪華なお料理を作ったからインスタに載せたのか、インスタに載せるために豪華なお料理を作ったのか…》

などの声も。あまりに見栄え良く並べられた料理は、窮屈さや息苦しさといった印象も与えてしまったようだ。

 

見た目の割に味は微妙?

これまでのインスタ投稿や数々の料理本出版に表れているように、小倉が料理上手であることは疑いようがない。しかし、きれいな盛り付けとは対象的に、肝心の〝味〟はそこまででもないようで…。

「小倉と前夫が離婚危機にあると囁かれていたころ、前夫がキャバクラに通っては嬢に小倉の悪口を吹き込み続けていたと『FRIDAY』で報じられたことがありました。当時の記事によると、前夫は『本とか出してるクセに料理がマズい』と小倉の手料理を酷評しており、小倉はヒドく傷ついたそうです。SNSでは頻繁に料理アピールをし、本を出すほどの特技にしていたのですから、そりゃダメージも受けますよね」(芸能ライター)

味に関して確かめるすべはないが、小倉の手料理がどれも立派な出来であることは事実。ママタレは何かにつけてネタにされやすいので、〝完璧主義〟という指摘に耳を貸すことはないだろう。

 

【あわせて読みたい】