西野七瀬『あなたの番です』で監禁プレイ! 拘束&猿ぐつわでファン歓喜

西野七瀬 

(C)まいじつ

6月16日放送のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)第10話に、元『乃木坂46』の西野七瀬が出演。両手を吊るされて猿ぐつわをはめられた〝監禁プレイ〟シーンを演じ、かつてのファンを興奮の渦の中にたたき込んだ。

同ドラマは、都内マンション『キウンクエ蔵前』に引っ越してきた年の差新婚夫婦が、マンションの周囲で次々と人が死ぬ〝交換殺人ゲーム〟に巻き込まれていくノンストップミステリー。西野が演じるのは202号室に住む女子大生・黒島沙和で、同エピソードでは主人公の手塚翔太(田中圭)とともに、402号室に住む榎本家の隠し部屋に拘束・監禁されてしまった。

その隠し部屋には、荒木飛羽演じる榎本家の息子・総一が先に監禁されていた。総一は拘束されていなかったが、部屋の秘密を探ろうと閉じ込められた翔太は猿ぐつわをはめられ、両手も縛られる緊縛状態に。しかし、沙和の拘束はさらに激しく、猿ぐつわをされた上、天井から伸びた縄で両手を縛られていた。

 

緊縛猿ぐつわプレイに「乃木坂」ファン大興奮

手と口が使えないため足を伸ばし、翔太を起こして助けを求めた沙和。すると、ロングスカートからは美脚がお目見えし、ファンの興奮はさらに高まっていく。

ネット上には、

《脚エッロ》
《すごい展開w》
《ノースリーブだったら常時ワキが丸見えだったのに…》
《なにこのエロい器具》
《少しコントはいっとるw》
《なぁちゃん、やられてるよね、きっと》
《シナリオ破綻して必死に回収している感じ》
《捕まってた間の全記録はよ》

などといった感想が。〝セクシー要員〟的なものであったものの、ファンにとってはうれしいひとときとなったようだ。

西野は女優として活動していくようだが、今後も過激なシーンにはどんどんチャレンジしてもらいたい。

 

【あわせて読みたい】