広瀬アリス“スカートまくり見せ”の背徳感をイベントで告白

広瀬アリス 

(C)まいじつ 

6月18日、都内で開かれた「ジョージア ジャパン クラフトマン微糖」発売記念イベントに、広瀬アリス、飯尾和樹、眉村ちあき、『Creepy Nuts』のR-指定らが登壇した。

檀上では広瀬が商品を飲み、「水出し抽出によるコーヒーなので口当たりが優しく、透明感があって、スッキリして飲みやすいです。甘さも控えめで、微糖の方が良い人にはぴったりです」「私も撮影の合間に台本を読みながら飲みたいです。大事なシーンの前で落ち着きたいときに飲みたいです」とPRした。

同商品の新CMでは、広瀬が変顔を披露しており、「ちょっと恥ずかしいと思いつつ、思い切りやったらやり過ぎてNGが多かった(笑)。でも自分らしいCMだと思いました。監督もカットがかかる前にゲラゲラ笑っていて、笑ってもらえるとうれしくてさらにやってしまいました」と、撮影エピソードを明かす。さらに「普段からおしとやかにしたいんですけど、24年たってしまって…(笑)」と自虐も口に。

 

『やっちゃいけないこと』と思ってやってスッキリ

イベントに登壇した4人が登場する特別バージョンのCMでは、歌とタンバリンを披露している広瀬。「〝過去一〟緊張しました。(芝居の)大事なシーンよりもバクバクで首より下が震えています。演技と全然違う。歌とか苦手で…」と振り返った。

実際、私生活ではほとんど歌うことがなく、「最近はカラオケに行けないんです。十八番は全然ない。そのときによって違う曲ばっかり」とも明かしている。

また、最近スッキリしたことを聞かれた際、共演の眉村が、「ライブの衣装はスカートの下にスボンをはいていますが、ライブ中にスカートを『イエーイ!』ってめくるとスッキリします」と答えると、広瀬は「分かる!『やっちゃいけないこと』と思ってやってスッキリ」と、背徳感に興奮することを告白していた。

 

【あわせて読みたい】