“完全菜食主義者”ローラが肉料理! 異次元の飽き性気質に口あんぐり…

ローラ 

(C)まいじつ

モデルでタレントのローラが6月18日、自身のインスタグラムを更新。『ヴィーガン』の精神に賛同していたはずが、肉料理を友人に振る舞っていたため、厳しい指摘が殺到している。

「『Vegan(ヴィーガン)』とは、〝完全菜食主義者〟のこと。肉や魚だけではなく、牛乳や卵も食べませんし、着るものや革製品などライフスタイルに関する〝動物性のもの〟を徹底的に排除しようという考えの持ち主のことをいいます」(女性誌ライター)

18日に更新された投稿で、ローラは《昨日はロスのお友達をご招待して、日本食を作ったよ!》と、ロサンゼルスで食事会を開いたことを報告。《みんな、豚汁や肉じゃがなど食べたことがなくて、すごく喜んでた》などと、友人に〝豚汁〟や〝肉じゃが〟、などを振る舞ったことを明かした。和食を通して楽しいひと時を過ごせたのだろうか、ローラは《なんだか、うれしかったぁ。和食はいいなぁ》と、あらためて和食のすばらしさをかみしめるのだった。

家庭的な和食を作った料理上手なローラに、ファンからは、

《これ全部ローラさんの手作りですか!? すごい…》
《ローラって口調軽いけどやることすご過ぎて何かもう最高にかっこいいわ》

などと、称賛のコメントが寄せられている。

 

安い設定は飽きたら投げ出す

しかし、ローラをヴィーガンだと信じていたファンにとって、大量の肉を使用した事実は衝撃だったようで、

《ローラちゃんは嗜好品のために動物を苦しめたりしないって思ってました》
《ビーガンでも日本食つくれますよ》
《どうかveganのフェイクミートであってほしい》

などといった落胆の声も。

ネット上でも、「やはりヴィーガンキャラは長くは続かなかった」と総ツッコミの声が上がっているようで、

《ヴィーガンになったはずなのに豚肉》
《本人もヴィーガン設定忘れてるね》
《畜産批判しておいて肉じゃがに豚汁!?》
《ハリウッドセレブになりたくて仕方ないのが見え見えで笑える》

などと、ローラの欺瞞な言動を指摘する声が殺到した。

「ローラは以前、ストーリー機能で、ヴィーガンについて記載された資料を引用し、『少しづつ試してみよう』と言ったり、ハンバーガーの写真に『実はこれは植物のバーガーでお肉じゃないんだよ! チーズも乳製品じゃないの!』など、わざわざ注意書きをしたりとヴィーガンアピールを頻発していました」(芸能ライター)

最近あまりにも多いローラの〝いっちょかみ〟発言。今回の投稿で〝ヴィーガン支持者〟からも、多くの落胆の声が寄せられてしまった。

「人間の栄養素的に、食事を野菜のみにすることは現実的に難しいのが現状です。しかし、ローラさんは表立って動物愛護活動をし、積極的にヴィーガンを意識している方だと信じていました。日本であまり広まっていない中、私たちにとってローラさんは貴重な〝同志〟だったのですが…。正直、裏切られた気持ちです。ローラさんはこれまでも、ノーモアプラスチックや、辺野古基地移設反対を表明したりしたものの、すぐに飽きて投げ出していますよね。何ですかこの人は…」(ヴィーガン生活者)

ファッション感覚で何事にも首をツッコむローラ。飽きたらすぐに乗り換えるその姿勢も、流行に敏感なトップモデルの資質みたいなものなのだろうか。

 

【あわせて読みたい】