“意識高い系”日本人男性が海外の『スタバ』で差別発言…大炎上の経緯

(C)Ranta Images / Shutterstock

今やネット用語の枠から飛び出し、日常でも使われるようになった「意識高い系」という言葉。厳密な定義はないものの、アップルユーザー、海外志向、ベンチャー志向、スタバ(スターバックスコーヒー)好きなどが特徴に挙げられ、人々からは〝羨望の的〟になることが多い。

そんな「意識高い系」との呼び声が高い、某日本人起業家男性のツイートが、ネット上で波紋を広げ続けている。6月11日、この男性は自身のツイッターに、

《ベトナムハノイではGrabfoodのドライバーが小汚い格好でスタバ店内にいることが増えた》
《スタバのサードプレイスの世界観が崩れるから 店側は対応考えた方がいいかもね》
《世界中どこでも同じ雰囲気で ちょっと上品でリラックスできる空間ではなくなってきてるよ》

など、職業差別的な文章を投稿。さらに当該ドライバーがスタバ店内でひと息ついている〝無加工の画像〟まで掲載したのだ。

当然、この男性に対しては、ツイート直後から、

《現地の人をこうやって見下してるのが技能実習や特定技能に関わる人の界隈なのかな》
《こういう特権意識って一体どこから来るの?》
《他職を見下す人間がグローバル人材プラットフォームですか笑》
《そんなに上品さを求められるなら、五つ星ホテルのティーラウンジにでも行かれたらいかがですか?》

などといった批判が数多く寄せられ、アカウントは非公開の〝鍵アカ〟へ変更されることとなった。

 

ガンバレ「意識高い系」の皆さん!

「この日本人男性は、今年ベトナムで〝グローバル人材ITプラットフォーム〟なるものを立ち上げ、日本への技能実習生斡旋を手掛けている起業家です。そのプロフィルには《大学生時にバックバッカーで世界一周で 50カ国を旅行》などの輝かしい経歴が躍り、以前から一部のネット界隈では『意識高い系』として有名な人物でした」(炎上問題に詳しい専門家)

その後、この差別的な〝ヘイト投稿〟はベトナムのニュースサイトでも大々的に報じられ、男性のFacebookにはベトナム圏ユーザーを中心に1万件ものコメントが殺到する事態に。50カ国以上を旅したと豪語するものの、国際感覚は全く培われておらず、ただ単純に〝系〟でしかなかったというコントのようなオチが付いてしまった。

「この『意識高い系』というのは、要するにファッション感覚なんですよ。風通しのいい自分の思想に酔っているだけで、口にしている問題意識や責任感は持ち合わせていない。以前、アメリカのスタバで韓国人留学生が話していたところ、『あなたたちの言語は聞きたくない』と白人女性から退店を迫られたとのトラブルが話題になりました。このとき、店員は警察へ通報し、白人女性をつまみ出して英雄になりましたが、真に意識が高ければ自然とこのような行動になるはずなんです」(同・専門家)

たびたび、意識高い系の人たちの発する言葉が、何を言っているのかよく分からないことがあるが、どうやら最初から大したことのない薄っぺらいものだった可能性もありそう。何だかガッカリな話だ。

 

【画像】

Ranta Images / Shutterstock

【あわせて読みたい】