りゅうちぇる「干された報道」真っ向否定も現状があまりに辛過ぎて…

りゅうちぇる

(C)まいじつ

タレントのりゅうちぇるが自身の〝干された〟疑惑に反論したが、依然としてネット上では「自覚なかったの?」など、干されたと決めつける声が続出している。

発端となったのは、『りゅうちぇるがテレビから干された理由とは?』などとした芸能サイトAの記事。この中でりゅうちぇるは、タトゥーを入れた問題ですっかり炎上キャラとなり、業界内では扱いづらくなったと記載されていた。

すると、これにりゅうちぇるが反論。

《ネットニュースってどうしてあることないこと書くんだろう 歌のお仕事を始めたのと子育ての時間を作るために事務所と話してバラエティーを抑えさせてもらったのは事実です! それで干されるって言われるなら仕方ないですが》
《大切な家族を守らないといけないボクにとって干されてる暇なんてありません! 何があってもお仕事全力で頑張るよ》

などと応じてみせたのだが、この意見にネット掲示板では、

《干されてる自覚なかったんだ》
《自分からセーブしたって言いたいんでしょ》
《無駄にプライド高いよね》

などと、嘲笑う声が上がってしまった。

 

本人ノリノリの歌手活動も大爆死

「正確には、〝干された〟というより〝需要がなくなった〟ということでしょう。ただ、テレビから声が掛かっていないことには変わりません。りゅうちぇるは『仕事をセーブしている』と主張していますが、本当の売れっ子ならば、事務所がそれを許しませんからね」(テレビ局関係者)

りゅうちぇるは現在、歌手活動をしているが、こちらも現況は厳しいという。

「本人はノリノリの歌手活動。しかし、当たり前ですがりゅうちぇるの歌を聴きたい人なんてほとんどいません。4月に発売したアルバムは、発売初週に1146枚しか売れず、初登場45位という大爆死。CDに2ショット権を付け、全国のショッピングモールで手売りした分だけが売れたという計算です。もはや、世間は完全にりゅうちぇるに興味がないのです」(芸能記者)

仕事と同じくCDの売り上げも〝セーブ〟していた可能性があるのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】