6歳女児に強制性交で「懲役3年8カ月」“減刑理由”に怒りの声

(C)Ollyy / Shutterstock 

6月18日に佐賀地裁で判決が下された強制性交事件を巡り、ネット上で辛らつな意見が相次いている。

同事件は、今年2月に佐賀県内にある商業施設内のトイレにて、22歳無職の男が当時6歳の女児に性的な暴行を加えたというもの。裁判において、検察側は被告が手袋をして犯行に及んだことなどを指摘し、「計画性のある悪質な犯行」として懲役5年を求刑していた。

裁判長も検察側の主張を受け入れ、「犯行は卑劣で悪質」「被害者の精神的苦痛は大きく、健全な成長に悪影響を与える恐れもある」と被告の悪質性を指摘。しかし一方で、同被告に知的障害がある点を鑑み、「性的衝動の抑制が困難だったと考えられる」として求刑を下回る懲役3年8カ月の判決を言い渡した。

 

ネット上では不満が爆発

すると、この判決に対しネット上では、

《この裁判官の判決に納得できる人の割合は少ないだろう。検察は控訴すべき》
《どうして衝動の抑制が困難だから仕方ないねっていう理論になるんだろう》
《女児のこれからの苦しみを考えれば5年でも軽過ぎます。性犯罪、特に子供への性犯罪は一生をかけて償うレベルの犯罪だと思います》
《裁判官と検事は自分の家族が同様の被害に遭った場合はどんな気持ちになるんでしょうか》
《知能や精神に異常があって減刑するなら保護責任者を罰しろよ》
《性犯罪がたった3年8カ月でいいわけがない!》

などと批判が続出することに。市民感情の多くは、障害により「性的衝動の抑制が困難」だったことが減刑につながる理由を受け入れられないようだった。

「日本で刑罰を科す理由は、犯罪者の〝更生〟という点が大きい。今回の場合、障害によって〝更生〟が見込めないと判断され、減刑されたのかもしれません。皮肉なものですが、こういったケースは多いですね…」(週刊誌記者)

精神障害や認知症により分別がつかない場合、罰しても仕方がないという意見が存在するのも事実。こうした現状を巡っては、今後もさまざまな議論が交わされていくことだろう。

 

【画像】

Ollyy / Shutterstock

【あわせて読みたい】