中国でレイプ犯に死刑判決!「日本は性犯罪者に優し過ぎる」の声が拡大

(C)Ollyy / Shutterstock

中国の食品製造販売会社会長で、地元で地方議員を務めていた49歳の男が、未成年の女子学生計25人をレイプした罪で死刑判決を受けた。

中国の裁判所が下した判決によると、男は2015年6月から17年1月にかけて、地元の中学校や高校の女子学生を近くに停めた車に連れ込んでレイプを繰り返していたとのこと。25人の被害者と計32回の肉体関係を持ち、中には14歳以下の中学生が14人も含まれていたという。

裁判所は昨年10月に男へ死刑判決を下した他、共犯である女やその夫にも執行猶予付きの死刑判決や懲役18年など、いずれも重い判決を下した。男の死刑は6月4日に執行され、日本のメディアでも大きな話題となった。