「クビにしろ!」ハリセンボン春菜が号泣して『先輩擁護』に批判殺到

近藤春菜

(C)まいじつ

6月25日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でレギュラーの『ハリセンボン』近藤春菜が号泣し、ネット上で批判を浴びてしまった。

この日の番組は、『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』所属の芸人が事務所を通さず反社会的勢力の忘年会に出演し、出演料を受け取っていた「闇営業」問題を特集。同放送の前日には、「よしもと」が『雨上がり決死隊』宮迫博之や『ロンドンブーツ1号2号』田村亮らを謹慎処分にしたと発表していたため、トップニュースでこれを報じていった。

自身も「よしもと」所属の芸人だけあってか、司会の加藤浩次や近藤は神妙な面持ちで事件に言及。加藤は「亮からなんですけど、お金をもらっていないと聞いていた」「僕自身も番組でもらっていないという前提で話を進めていた」などと自身の認識不足を詫び、「会社自体の甘さもあるよね」と近藤にも意見を求めていった。

 

「泣きたいのは振り込め詐欺の被害者の方々だろ」

すると、近藤は「そうですね。会社自体も保身に走ったというか…」と「よしもと」側の対応を批判した後、発覚当初は「金銭は受け取っていない」としていた芸人たちにも言及。「虚偽の説明をしていたということに、とってもショックを受けました」と声を震わせながら話すと、「生活のためにお金に困るのもすっごい分かる」「反社会的勢力と知っていたらお金を受け取るはずがない」などと、涙を流しながら芸人たちを擁護していった。

すると、視聴者からは、

《悪いことをしたヤツがしっぺ返しをくらった これのどこに泣く要素があるんだよ》
《何を言いたいのか分からない》
《本題からどんどんズレていくw》
《春菜はしゃべることまとめてから話せ しゃべり出しながら何を話そうか考えるなよ》
《泣きたいのは振り込め詐欺の被害者の方々だろボケ》
《意味不明過ぎるからクビにしろよコイツ》

など、近藤への批判が殺到。コメント内容もさることながら、涙を流したことで私情を挟み過ぎだと判断されてしまったようだ。

仲間思いな一面が裏目に出てしまっただけならまだしも、テレビでノウノウと解説をする彼らがもし、どこかで同じようなことをヤラかしていたら…。〝5年前のたった一夜だけの、わずかな芸人だけに限った過ち〟であることを、関係者は祈らずにはいられないだろう。

 

【あわせて読みたい】