手のひら返し!離婚・西山茉希に『同情』殺到…のエゲツナサ

西山茉希 

(C)まいじつ

6月25日、俳優の早乙女太一とモデルの西山茉希が離婚していたことが発覚した。世間からは「やっぱり…」という声が続出するとともに、西山に同情の声が寄せられている。

大衆演劇の若手スターとカリスマモデルという異色のカップルとして注目を集めた2人。関係者によると、2人はすでに離婚届を提出済で、5歳と3歳の娘の親権は西山が持つとみられる。

このカップルといえば結婚前、写真週刊誌に路上での大げんかや早乙女のDV現場をスクープされた印象が強い。そのときのけんか理由を、西山が「人間が好き、家族を持ちたい」と考える一方で、早乙女は「そもそも人間が嫌い」という結婚に関しての〝すったもんだ〟だったと西山本人が明かしている。そんな〝DV疑惑〟が晴れない中、西山は長女を妊娠し、結婚を発表。早乙女から「周りのみんなが昔はあれはやっぱりただのけんかだったんだね、って笑ってくれるようになるまで一緒にいよう」とプロポーズされたことで結婚を決意したという。

「もともと、遊び人として有名な早乙女さんが家に居つくはずがありませんでした。子育てにも消極的で、西山さんはテレビ番組でたびたび愚痴をこぼすことも。そんな〝ワンオペ育児〟に限界が来たのか、このところ西山さんは、紙幣にボールペンで落書きしたことを明かすなど、自身のインスタグラムで〝奇行〟を連発。こういった言動を世間は猛バッシングし、『常識がなさ過ぎる』『素敵ママアピールがいちいちウザい!』『こりゃ早乙女太一もうんざりするわ』などといった声が上がっていました。しかし、今回の離婚報道で、世間の声は様変わりしたのです」(女性誌記者)

 

持つ者を妬み持たざる者を憐れむ

離婚報道に対して、ネット上では、

《DV夫相手に十分がんばったと思う》
《西山さんのインスタ見てきた。何か、飾り気のない、自然なあたたかみのある人柄が垣間見れた》
《庶民派っぽくて親近感湧くから好き》
《キレイな方なんだから、まだまだ若いしこれから幸せになれると思いますよー》

などと、手のひらを返したような応援のコメントが多く上がっている。

「この〝手のひら返し〟は小倉優子の離婚から再婚時と酷似。元旦那の浮気が原因で離婚し、小倉が〝シングルマザー〟となった際は、ネット上で『たくさん稼いでね!』『ゆうこりんがCMしてる洗剤買いました!』などと応援ムード一色に。しかし、歯科医と再婚し、贅沢な暮らしぶりをインスタで公開し始めると、『天然に見えてシタタカで計算高い女』『自分好みのイケメンの子を生んで金持ちATMと結婚した女としての覇者』などと揶揄の声が相次ぐ事態になっています…」(芸能誌ライター)

人というのは、自分より〝下〟の人にだけ優しい言葉を掛けるものなのかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】