横浜流星が『NMB48』メンバーにフられていた? 黒歴史発掘され驚きの声

(C)kruraphoto / Shutterstock

今をときめく若手イケメン俳優・横浜流星が、過去に『NMB48』からフラれていたという〝黒歴史〟がネット上で話題になっている。

それは、「NMB」が2016年に発売したシングル『甘噛み姫』のType-Cに収録されている『フェリー』のミュージックビデオ。同映像は学校を舞台に、ある男子生徒が女子生徒役のメンバーから次々に別れを告げられるストーリー仕立てになっており、男子生徒役には若手の男性俳優が出演していた。

先日、「NMB」ファンの掲示板上で、この生徒役がブレーク前の横浜だったことが明らかに。当時、横浜本人が自身のブログで、

《とても面白く衝撃的なMVになっていると思います》
《1日にこんなにたくさんの方にフラられることなんて最初で最後かもしれません…》
《基調な体験をさせていただきました》

などと宣伝していたことも発掘され、3年前の楽曲が再度注目を浴びることとなった。

 

「えらい出世したな」との声

今や押しも押されもせぬ人気俳優の横浜だが、同ミュージックビデオでは手紙や手旗信号、プラカードと拡声器で別れを告げられるなど散々な役柄。頬をビンタされるシーンやコップの水をかけられるシーンもあり、今見ると引き立て役であることも相まって〝黒歴史〟のように感じられてしまう。

「NMB」のファンたちも、

《やたら男がイケメンだとは思ってたけど、横浜流星だったのかよw》
《今すごい出世したな》
《へ~そうだったんだ》
《ボコボコだなw》
《えーりんにすらフラれてた男が…えらい出世したな》
《黒歴史だけど誰も見ないからセーフ》
《カバンでひっぱたかれるとか、今となってはご褒美だろw》

などと驚きをあらわに。3年も前の楽曲が思わぬ形で再注目を浴びた瞬間だった。

今となっては「NMB」のはるか上をいく存在となった横浜。「NMB」メンバーからのガチ告白もありそうだ。

 

【画像】

kruraphoto / Shutterstock

【あわせて読みたい】