エッチなユーチューバー逮捕!『FC2』での“局部”さらけ出しでアウトか

(C)DK samco / Shutterstock 

YouTubeで『広瀬ゆうちゅーぶ』を運営していた〝広瀬ゆう〟こと佐藤亜耶容疑者が、動画配信サイトでわいせつな動画を配信したとして逮捕された。

佐藤容疑者は全裸でわいせつな行為をする様子をライブ配信した疑いが持たれており、警視庁によると、3年前から始めた動画配信で少なくとも7000万円を売り上げていたとみられている。

ネット上では、

《7000万円ってすげーな。めちゃファンがいたんだろうな》
《この子、過激動画で有名だったよね。目を付けられてたんだろうな》
《マスクで顔を隠していても絶対にバレる。アホだろ》
《稼いでるから金で理性がぶっ飛んでたんだろう》

など、大きな反響を呼んでいる。

「佐藤容疑者はYouTubeでエクササイズ動画などを配信しており、チャンネル登録者数31万超という人気ユーチューバーでした。ミニスカや短パンなど男心をくすぐるさりげないエロコスチュームがトレードマークで、300万回以上も再生されている動画もありますね。ストレッチ中に下着が露出してしまうこともありましたが、これも男性視聴者向けの〝計算された〟サービスだったのでしょう。YouTubeだけでも年間2000万円以上を稼いでいたと思いますよ」(ネットウオッチャー)

 

小金に目がくらみ局部全開…最高にアホ!

YouTubeでの金もうけに味を占めたのか、一方で、佐藤容疑者は『FC2アダルトライブ』でも性的な映像を配信していた。こちらは下着姿どころか、おっぱいや局部を惜しげもなくさらし、リアルな音声付きでオナニー動画やハメ撮りまで見せつけていたというのだから驚きだ。当局にマークされるのも時間の問題だったというわけだ。

「ここに来て、米国の動画配信サイト『FC2ライブ』を介した違法わいせつ動画配信の一斉取り締まりが始まっています。6月26日には、下半身を露出するわいせつ行為をネット上でライブ中継したとして、福岡市のアダルト動画配信会社経営の男が逮捕されています。また同日、愛知県警が公然わいせつの疑いで、名古屋市のアダルトコンテンツ配信会社社長の男ら男女4人を逮捕しました。FC2では業者から素人まで多くの人たちが参入し、エロ動画を配信しています。無料の時間帯に下着姿などを見せて視聴者を集め、有料の時間帯に移行してから局部を見せるというのが常套手段になっていますね。視聴者1人あたり1分間で数百円を稼げることから、罪の意識を持たないままハマってしまう女性も多いようです」(ウェブライター)

FC2はアメリカにサーバーがあり、わいせつな動画を配信しても日本国内では罪に問われないと、まことしやかに囁かれてきたのも参入者が急増している理由だ。しかし、現状、わいせつな動画を配信することは罪に問われる可能性が高い。いくら手軽に金が稼げるからといって、安易な配信は避けるべきだろう。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock

【あわせて読みたい】