防犯カメラにバッチリ映った“楽しげに歩く”人型エイリアン

アメリカのとある家の防犯カメラに、ETなのか、エルフなのか…非常に奇妙な生き物が映ったと、米ニュースサイト『インサイド・エディション』が報じた。

去る6月7日に撮影されたヴィヴィアン・ゴメスさん宅の赤外線防犯カメラの映像は、約10秒間にわたっている。防犯カメラは旧式のようで、1回につき10秒しか録画できないため、映像が途切れてしまっている。フェイスブックにアップした後、「インサイド――」が取材し、UFOマニア界が話題騒然となった。

かなり細身でひょろっとした全裸の人型の生き物がゴメスさん宅のドアから出て、腕をふりふりしながら、がにまたで道路の方に歩いていくシーンが映っていた。映っている車との比較で、身長は90センチから130センチの間だと推測できる。典型的なリトル・グレイ型のエイリアンのようにも見える。もしくはエルフのようにも見える。

 

ウッキウキで歩く謎の人型生物

ゴメスさんは、「朝、防犯カメラの映像を確認したところ、これが映っていました。カメラは計3台ありますが、この1台にしか映っていませんでした」と話す。この生物については「何だか分からない」としている。

ちなみに、9歳の息子さんがいるが、「インサイド――」から、息子ではないかと問われると、「夜に、外を裸で歩かせません」と否定している。

本サイトでは昨年、「身長120センチのエイリアンが高速道路でヒッチハイクする動画」を報じた。まさにそっくりと言える。やはり、グレイ型エイリアンの可能性は高そうだ。

あるUFO研究家は「夢遊病の息子さんが帽子をかぶって裸で歩いているという説がありますが、全く違います。この映像を見ると、エイリアンの多くの特徴を持っています。上腕部が人間より1.5倍ほど長く、ひじから手首までが非常に短くなっています。体が細身なのに、頭部が極端に大きい。人間ではありませんね」と指摘している。

楽しげに歩いているように見えるので、「地球侵略」などという物騒な考えはないことを祈りたい。

 

【画像】

vchal / Shutterstock