「友人たちが欲しがる」工藤静香の“料理自慢”にツッコミ殺到

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

歌手の工藤静香が6月23日に自身のインスタグラムを更新。その内容が話題になっている。

この日の工藤はインスタグラムのストーリー機能を使って投稿。ボウルなどにいっぱい盛られた〝やまもも〟を写した動画を公開した。

同時に「すごい収穫 笑笑」「やまもも酒」「やまもも発酵液」「やまもも酵母」「やまももジャム」「やまもも酢」など、やまももを使ったメニューを羅列し、「友人たちが欲しがるなぁ笑笑」「頑張ろうかな!!」とつづった。

この投稿に、ネット上では、

《この人の手に掛からずそのまま食べた方がおいしいでしょうに》
《工藤さんの料理見るたび、キムタクは幸せなのだろうか? って疑問に思う。食事って毎日のことだからキツイよね》

などといった〝いつものツッコミ〟が入った。しかも、

《普通に梅酒とか梅シロップとかでいいのに。 世間とはちょっと違うんですをわざとアピールしてくるよね》
《本当に見てほしいところは、やまももの収穫量じゃなくて酵母や発酵液、お酢が作れるワタシでしょ?》
《私の料理はみんな欲しいって言うから大変なの~アピール? むりやり欲しいと言わせる圧がすごい。やな感じだな》

など、自己アピールをし過ぎだと疑う声も多く見られた。

 

工藤静香はあげたがりオバチャン?

それだけにとどまらず、

《こういう手作りあげたがるオバチャンよくいる》
《『友人が欲しがるなぁ』の一言に、この人の性格の悪さがにじみ出てるね》
《「友人たちが欲しがるなぁ笑笑」欲しがらなくても押し付けてるくせにw》
《欲しがるんじゃなくて勝手にあげてるんじゃ… なら断る勇気ない きっともらっても食べない》
《欲しがる人いるの? みんな気を使ってるんじゃないの 本人は勘違いしているとか》

など、実は誰も欲しがっていないという意見まで出てきた。

工藤といえば、自身のツアーや音楽制作が始まると、自慢の手料理を差し入れしているのは有名な話。インスタグラムでも、その様子はたびたび投稿されている。しかも、次女・Kōki,の現場でも手作りの料理やお菓子を差し入れしているという。一部ネットメディアの報道によると、Kōki,の現場に保護者兼プロデューサーとして付き添いをしている工藤が、揚げ物やケーキやクッキーといった重めの手料理を持ってくるというのだ。

工藤の手料理なんて、ファンからすればどれだけお金を出しても食べたいもの。周囲の人たちがうらやましい。

 

【あわせて読みたい】