プルプルの「美乳」…フェンシング最年少女王・東晟良に〝不謹慎な目〟

(C)forma82 / Shutterstock

東京五輪を前に日本の美女アスリートに注目が集まっている。女子フェンシングの東晟良(あずませら)もその1人。現在、日体大の2年生だ。

「北京五輪フルーレ個人で銀、ロンドン五輪フルーレ団体で銀メダルを取った太田雄貴氏は『フェンシングはマイナー競技。もっと有名になってほしい』と言っていますが、まさにその通りでしょう。だいたいフルーレと言われても、ほとんどの人がピンときません」(スポーツ紙記者)

フェンシングはマスク(面)などの防具を着け、鋭い剣でお互いを突き合う競技。「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目があり、使用する剣・ルールがそれぞれ異なる。

「競技人口は趣味でやっている人を入れても1万人ぐらいしかいないそうです。日本は剣道が部活であり、中学や高校では柔道と選択にさせている場合も多い。護身用に習っても損はないという考えもあるし、日本古来の武道として浸透度が違いますからね」(同・記者)

 

最年少記録の逸材

同じ剣ならば、やはり竹刀を使う剣道が、はるかになじみが深いわけだ。しかし、フェンシングは日本ではマイナーでも、五輪では正式種目だ。

「去る6月18日、アジア選手権女子フルーレの団体では、世界ランキング6位の日本が決勝で同5位の韓国に快勝し、初優勝を果たしました。このチームには東もいましたが、とにかく彼女は注目株。2017年、全日本選手権の個人フルーレで初優勝を飾ったのが18歳のときで、これは日本の最年少記録。24日にはテレビ朝日『報道ステーション』の五輪期待の美女として、松岡修三に取材をされています。姉の莉央も2歳上のフェンシング選手で〝美人姉妹〟ということで、マイナー競技でも知る人ぞ知る存在でしょう」(スポーツライター)

身長は157センチで体つきは華奢。さわやか笑顔が印象的で、一見すると、とてもメダルを狙う選手には見えない。

「フェンシングにはスポーツ選手にありがちなガタイのいい選手は少ない。彼女も小柄ですが、いわゆる〝トランジスタ・グラマー〟で、プルプルの美乳も評判だそうです」(同・ライター)

マイナー競技だけに〝不謹慎の目〟で見ることも必要だ。

 

【画像】

forma82 / Shutterstock

【あわせて読みたい】