花田優一の“靴工房兼アトリエ”に批判「どういう神経?」「ホコリが…」

花田優一 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月4日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に貴乃花光司の長男で靴職人兼タレントの花田優一が出演し、自身の〝職場〟を公開した。靴工房にスタッフを入れ、VTRで「ちゃんと靴を作っている」とPRした花田だったが、同番組では靴職人としての活動の傍ら、画家としても活動していることを明かした。これに視聴者からは「もっと靴作りに集中して」との声が続出。1足30~40万円という靴の価格設定を疑問視する声も寄せられている。

番組によると、花田は廃墟だった3階建ての一戸建てを改造し、靴工房に仕上げたという。スタッフが訪問すると、花田は工房を案内。1階が靴の革を加工する機械室、2階は靴の木型置き場だという。2階にはアトリエを用意しており、画家としても活動していることを明かした。

 

1足30〜40万円に「高過ぎる」と批判も

花田いわく1足作るのに10日以上はかかるといい、手にした靴の値段をスタッフから聞かれると「これで30~40万ぐらい」とポツリ。スタジオからは驚きの声が上がった。

VTRの最後に「靴を作っていないみたいな、適当なことを言う人が多々いらっしゃいますけど…」と前置きした花田は「ちゃんと作りまくってますので」と強調。「今後ともよろしくお願いします」と頭を下げ、浜田雅功から「安心しましたよ」と声を掛けられていた。

視聴者は、花田の工房を見て批判する声を寄せていた。

《靴工房って作りかけのお客様の靴にめっちゃほこりたまってるやん》
《あんな画具が飛び散る部屋にむき出しで客のラスト(靴型)を置いとく神経が分からない》
《靴作りもしながら絵も描いてるのか》

また、花田は靴の値段を「30~40万円」としていたが、この価格設定にも疑問を抱く視聴者が続出した。

《花田優一の靴高っ。職人が作るとこの値段は普通なのか…?》
《靴の値段に花田税が上乗せされてるような気がする》

テレビに出演するたびに物議を醸している花田。一時は落ち着いていたが、また騒がしくなりそうだ。

 

【あわせて読みたい】