『いきものがかり』山下の“大失言”に呆れ声「存在価値ない奴が…」

(C)fizkes / Shutterstock 

人気音楽ユニット『いきものがかり』に〝文春砲〟が炸裂した。7月4日付『文春オンライン』で、メンバーの山下穂尊が交際女性を〝ポイ捨て〟していたと報じられた。

文春によると、元交際相手のAさんが山下の不誠実な態度に業を煮やして証言をしたという。その内容は、《プライベートで複数の女性を食い物にしていました》と、世間のユニットイメージとは180度違う内容。さらに詳しくたどってみると、Aさんは山下とは飲み会で知り合って付き合い始めたそうで、交際当初は誠実で優しかったものの、「いきものがかり」の活動再開後は連絡する頻度が減り、会う回数が減っていったという。

しかも、山下の家に行くとリビングに化粧品、ゴミ箱に使用済みのコンドームが捨ててあったそうだ。Aさんに問い詰められた山下は悪びれもせず「友達が置いていった」と返答するなど不誠実な態度。他にも女性の影を感じたり、〝キャバクラで知り合った女性をお持ち帰りした〟という目撃談も耳に届いたりしたそうだ。

こうした態度に、ついにAさんが「そんなことばっかしてたら仕事なくすよ?」と注意したのだが、山下は「あ、気にしないでよいよー。NHKが俺らのこと好きだから、なくならないですわ」などと返答したと明かされている。

 

一番の役立たずが大打撃

この記事について、ネット上では、

《人気は聖恵のおかげだろ。曲もほとんど作ってないですよね》
《で、この山下さんが作った曲は何曲くらいあるの?》
《いきものがかりの3人の中で一番存在価値がない奴が何言ってんだか》
《曲書いてるの水野だからこいつ要らんだろ》
《水野と聖恵だけしか仕事してないのに偉そうな奴だ》

など、山下が〝無能のクセにいきがっている〟と指摘する声が相次いだ。

「もともと、ボーカルの吉岡聖恵以外、全く存在感のない同ユニット。それでも、水野良樹はほとんどの曲を作っており、存在価値は十分でした。まさか、一番いてもいなくても関係ない山下に、大ダメージを与えられるとは、誰しも思っていなかったことでしょう。ただの女遊びなら問題ないのですが、太客のNHKを馬鹿にするような発言は完全にアウト。追放されてもおかしくありません」(音楽誌記者)

NHKにあからさまに優遇され、何度も『紅白歌合戦』に出場してきた「いきものがかり」。果たして、今年はどうなるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】