オタク差別!? 香取慎吾『ファミペイ』CMに「気持ち悪い」の声殺到

香取慎吾

(C)まいじつ

大手コンビニチェーン『ファミリーマート』が提供するバーコード決済アプリ『ファミペイ』のCMが、ネット上で「不気味」「気持ち悪い」などと不評を買っている。

CMに出演しているのは、以前から同社のCMキャラクターに起用されている『新しい地図』の香取慎吾。「ファミペイ」CM内では、ロン毛にメガネ、ケミカルウォッシュのジーンズと白いTシャツというオタクをイメージしたような格好で、「香取ファミ平」という客を演じている。

香取はスマホを片手に「ハイハイハイ!」と叫びながら入店し、レジへ一直線に向かって「今ファミチキがタダって本当!?」と店員に質問。店員が「本当です」とファミチキを見せると「えぇー!?」と絶叫し、驚きのあまり下アゴが伸びてレジを破壊してしまうという演出だ。

 

謎のテンションや描写に困惑と不快感が…

さらに店員が香取の伸びた下アゴにファミチキを投入。これによってアゴは元の長さに戻ったが、「うめー!」と驚愕したことで再びアゴが伸びてレジを突き破る…。

まるでコントのような破天荒なCMに、ネット上では「面白かった」という声が。しかし、それ以上に「理解できない」との意見が多く、

《ファミペイのCM気持ち悪い…》
《慎吾ちゃんが出てるファミマのCM、今までのどのバージョンのやつもすべて嫌いなんだけど、今やってるファミペイのやつが一番嫌い》
《いや何でレジ壊すの》
《オタク差別だ。オタクはレジを壊しかねない迷惑客って言いたいのか》
《ファミペイのCM品がない 残念です》
《何かキメてたのかってくらい発想がぶっ飛んでる》

などと、否定的な声が目立っている。

一方、競合他社である『セブンイレブン』が同時期に始めたバーコード決済『7pay』は、システムトラブルによるつまずきが大きな話題となった。「ファミペイ」のCM自体は不評だが、思わぬ幸運で〝一歩リード〟の状況となっているようだ。

 

【あわせて読みたい】