木村拓哉“新CM”でも「キムタク喰い」炸裂で全カットの屈辱!?

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優の木村拓哉が出演するサントリービール『金麦』の新CM『キーマカレー』篇が、7月6日から公開となった。これまでバラエティー番組などで数々の食事シーンを経験し、そのたびに世間からバッドマナーを指摘されてきた木村。今回のCMでも、その〝マナーの悪さ〟に現場スタッフを困らせてしまったという。

夏のビールのCMという大役を務める木村の衣装は、チェック柄の半袖シャツにパープルのエプロン、ビーチサンダルという爽やかな装い。CMでは、海の見えるテラスで、キーマカレー作りに挑戦した。グツグツと煮えるキーマカレーを試食するシーンでは、「うん、うん」と出来栄えに満足しながらも、メーキング映像では「辛いよ」と暴露し笑顔を見せる場面も。数々のアドリブを盛り込み、現場は和気あいあいとした雰囲気で撮影が進んだようだ。

 

リラックスするとつい“キムタク喰い”が…

「このCMでは、台本に忠実というよりは、その場の流れや空気に委ねて自然な木村さんを撮ることに注力したようですよ。しかし、〝自然〟が行き過ぎたのでしょうか、リラックスした木村さんは、カレーをスプーンで食べるシーンで、例のごとく〝キムタク喰い〟が炸裂。歯をむき出しにし、〝ワイルドな俺〟を演出したのですが、歯がスプーンに当たって『カチッ』と音がしてしまうほどの不器用さでした。さらに、この手のCMでは、爽快感やのどごしの良さを表現するため、ビールを飲んだあと『クーッ!』と唸るのが定番ですが、木村さんが唸ると、そこでも歯をむき出しに…。そんなこんなで完成したCMでは、案の定カレーを口に入れる瞬間も、ビールグラスから口を離す瞬間も全カット。視聴者から木村の〝バッドマナー〟を指摘される恐れのある個所を、ことごとく不採用にしたのでしょう…。現場でも、『これはカットになる…』とスタッフは頭を抱えていたようです」(広告代理店関係者)

来る10月から始まる新ドラマでは〝天才シェフ〟役として主演を務める木村。ドラマ内でも、食材を口に運ぶシーンはカットされまくってしまうのだろうか。

 

【あわせて読みたい】