たむらけんじ『7pay』を〝擁護〟して批判殺到「そういう話じゃない!」

(C)Mahony / Shutterstock

お笑い芸人・たむらけんじがSNSに投稿したコメントが話題になっている。

たむらは7月5日に自身のインスタグラムを更新。セブンイレブンで買い物をした自身の姿と一緒に、

《話題の7payでお買い物。
ちょっと不具合があったみたいやけど、お買い物はとてもスムーズにできましたよ。
失敗は誰にでもあること! 失敗した後にどうするかが大事だと僕はいつも思ってます。
失敗した人の人生を終わらすような勢いでたたきつぶす今の日本って大嫌いやわ。
今日も頑張ってみるか!》

などと、セブンイレブンで使えるスマートフォン決済サービス『7pay』(セブンペイ)の不正使用事件に絡めてコメントを残した。

 

失敗ですむ問題ではない

この投稿に、インスタユーザーから批判が殺到。

《その失敗した後にウソついてたのが謹慎処分になった芸人やないんですか? 素直に最初から認めてればここまでたたかれなかったんやないですか?》
《たむけんさんに失礼なことをしたラーメン屋さんを報復としてSNSで晒し者にして結果ラーメン屋廃業に追い込んだのはどうなんだろう?》
《日本って一括りにするのは好きじゃないな~。女は~とか、男は~とかもそうですけど何でも一括りにするのは良くないと思いますよ。嫌な意見が目立っているだけで、そうじゃない人の方が多い場合だってあると思います。応援している人は声に出さないで心の中で思っている人が多いと思いますよ》

など、長文で意見がコメント欄に投稿された。たむらはそれらに丁寧に返答。それぞれについて自身の考えをつづった。

しかし、匿名掲示板では、

《先人もたくさんいる電子マネーに意気揚々と参入してこのありさまは脇甘過ぎて言われてもしゃーないレベルだと思います》
《いや、失敗って 不法アクセスされて詐欺られてんのに失敗って範囲でないでしょ、これは》
《あのさ、そんな簡単に許していいレベルの事件じゃないでしょ。 お金も勝手に使われて、個人情報も流失してるんでしょ?? 被害に遭ってから言ってください》
《自分は被害に遭ってないからそんなこと言えるんじゃない》
《たたかれないようにすることや、反省することも大切なことだと思うけど》

などと、今回の事件を〝擁護〟するような態度に批判的な声が多く集まってしまった。

「7Pay」はサービス開始7月2日で不正利用が発覚。同4日には午前6時現在で約900人、約5500万円の被害が明らかになっている。確かにたむらの言う〝ちょっと不具合〟では済まされない問題だ。

たむらはごく普通に〝犯人許せない〟とでもコメントすべきだったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】