〝オーロラ輝子〟河合美智子の現在に驚き「本当に本人?」

河合美智子 

(C)まいじつ 

女優の河合美智子が7月1日、自身のブログを更新し、舞台『ナイル殺人事件』が無事、千秋楽を迎えたことを報告した。河合は3年前、脳出血で突然倒れ約5カ月間入院していたが、その後、無事復帰。現在は芸能活動の傍ら、脳出血をテーマにした講演活動などを行っている。

河合は去る6月24日に『情報スタジアム4時!キャッチ』(サンテレビ)に出演し、兵庫県豊岡市から生中継でテレビ出演したが、視聴者からは《これ本当に河合美智子?》《最初、誰だか分からなかったわ》など、その変わり果てた姿に驚きの声が上がっていた。

「河合は1983年に映画『ションベン・ライダー』の主役としてデビュー。数々の映画やドラマに出演し、演技派女優として活躍していました。96年にNHK朝ドラ『ふたりっ子』に通天閣の歌姫・叶麗子をモデルにした〝オーロラ輝子〟で出演すると、これが大当たり。ドラマ内で歌った『夫婦みち』は、85万枚を超える大ヒットとなりました。しかし、その後、不倫問題が発覚。さらには2016年8月に脳出血を発症してからは完全に表舞台から遠ざかっています」(在阪テレビ局関係者)

 

病気をしても酒量は変わらず

現在は、闘病を機に夫とともに設立した個人事務所に所属。地元を中心に地道な活動を続けているというが、ネット上ではそんな河合に対し、

《この人、めちゃくちゃ酒飲みだよね。いまだに断酒できないみたいだな》
《アホみたいに酒飲んでるから病気になったのでは。もう少し体のことを考えた方がいいと思う》
《あー、不倫の人か。それだけで無理》

など、応援の声以上に辛らつな指摘が飛んでいる。

「俳優の金山一彦との不倫イメージがいまだに強く残っている人も多いようですね。金山は96年にアイドルの芳本美代子と結婚しましたが、多忙により別居状態が続いている時期がありました。2人はその間に不倫に走っていたのです。当時、ワイドショーのレポーターが妻の芳本のもとに突撃した際、激痩せした姿で弱々しく『主人を信じて待っています』と答えたことから、一気に河合バッシングが始まりました。どうやらこのころから急激に酒の量も増えていったようです」(芸能記者)

河合は8日に『日刊ゲンダイデジタル』の取材に応じた際「お酒は大好きです。若いころはビールが水代わりでしたから(笑)」などと、ワイングラス片手に武勇伝を語ったが、病気をしてもなお、酒をネタにする河合の姿にドン引きした人も多いようだ。

美魔女がもてはやされる中、病み上がりとはいえすっかり別人のようになってしまった河合。ファンからしてみれば、もう一度、昔の輝きを取り戻してほしいと思っているはずだ。

 

【あわせて読みたい】