不祥事はチャラ!?『NEWS』小山の新冠番組に批判「芸能界ちょれー」

小山慶一郎 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『NEWS』小山慶一郎が、バラエティー番組『小山慶一郎の健者のBORDER30~専門医が導く健康への分かれ道~』(TOKYO MX)にて、初MCかつ初冠番組に挑戦することが明らかになった。

小山といえば真っ先に思い起こされるのは、2017年末、当時未成年だった女性と〝激しいコールを交えながら〟飲酒していたとして、翌年6月に数週間の活動自粛をしていたこと。そして今回、初冠番組、しかも〝健康促進番組〟に起用されるということで、当然ながらネット上では《芸能界ちょれー》などと多くの批判の声が上がる事態となってしまった。

番組では『将来、健康でいるためには、30代の過ごし方がカギ!』をテーマに据え、35歳を迎えた〝アラフォー〟の小山が、健康について学んでいく内容。小山は今回の起用に対し《MXには初めて出演させていただき、さらにそれが初めて自分の冠の付いたテレビ番組ということで、とてもうれしく思っております》と喜びのコメント。さらに、《(収録では)等身大の素に近い状態で番組に臨んでいるので、僕のことも、番組のことも身近に感じてもらえると思います!》とし、《健康でいるために、今すぐできることを紹介しているので、一緒に素敵に歳を重ねていきましょう!》と呼び掛け、番組をアピールしているのだが…。

「小山は、未成年女性に〝大学生ノリ〟の激しいコールで飲酒を勧めていたチャラいイメージが強いですが、それだけではありません。実は他にも〝常識外れ〟な言動が多々見受けられていました。日焼けした加藤シゲアキに対し『チェルノブイリかよ!』と悲惨な原発事故と関連付けて謎のツッコミを入れたり、歌舞伎俳優の片岡愛之助と女優の藤原紀香の結婚報道に触れた際には、藤原が当時44歳にもかかわらず、『才能あふれるお2人ですから、(中略)どんなお子さんが生まれてくるのかっていうところも期待したい』などと〝高齢出産〟を軽く考えているかのような発言をしたり…。常識もなければ、デリカシーもないのです。今回起用された番組でも、何かトンデモナイ〝失言〟をするのではないかと注目を集めているのです」(芸能ライター)

 

全く説得力のない起用にネット民は…

そんな小山に対し、ネット上では、

《この人は他に学ぶべきことがあるでしょうに!》
《30代で未成年と飲み会やれば健康になるのかな?》
《よりによって健康番組って笑》
《この人をテレビで見掛けるとあの合コンのダサいコールを思い出す》
《不祥事起こしてもこれですよ芸能界ちょれー》

などと、心配と批判の声が続出している。さらに、番組でぜひ取り扱ってもらいたいテーマとして、

《初回のテーマは『酒とコールと一気に潜む危険性』ですね》
《『酒が未成年に与える影響について』をテーマにお送りします》
《テーマ『~未成年の一気飲みが与える人体への影響~』》

などと揶揄する声も。

ファンにとっては、完全復活を遂げた小山の姿を見られるだけで〝健康〟になってしまいそうだが…。

 

【あわせて読みたい】