棒にア〇ル!?『欅坂46』ド下ネタの放送事故…「カットしてやれよ」

欅坂46 

(C)まいじつ 

『欅坂46』の松田里奈が7月8日の『ネプリーグ』(フジテレビ系)で〝放送事故〟を起こした。クイズで誤って〝下ネタ回答〟を完成させてしまい、本人は後ろを向いて大いに恥ずかしがっていた。番組サイドは共演者のリアクションを繰り返し映すなど、面白がるような演出に仕立てたが、視聴者は「カットしてやれよ」と番組の姿勢に疑問を呈している。

松田は欅坂46の守屋茜、土生瑞穂、尾関梨香、山崎天とともに出演した。視聴者の間で「放送事故だ」と話題になったのは、『ハイパーファイブリーグ』のパート。松田は原田泰造と堀内健を加えた6人で、6文字の答えを1人1文字ずつ埋めていった。

番組では「何かしようとすると思いがけない災難もある」との意味合いを持つ「犬も歩けば…」に続く6文字を問うた。正答は「ぼうにあたる(棒に当たる)」で、松田以外の5人は正解。しかし、松田は「た」を「な」と書き間違え、画面には「ぼうにあなる」と表示されてしまった。視聴者はこれを見て「下ネタだ」「放送事故だ」と大騒ぎとなった。

 

堀内健が悲鳴「映さないで!」

誤答が表示された瞬間、松田は両手を口にやり、「ごめんなさい…」と謝りながら後ろを向いて、恥ずかしげな様子を見せた。一緒にクイズに臨んでいた隣の原田は立ち上がって大笑い。堀内は両手を上げながら「(画面を)映さないで!」と叫んだ。控え室で待機していた上野樹里、戸次重幸らは〝ぼうにあなる〟をそのまま連想したのか、下を向き、笑をこらえきれない様子。平岩紙は「ひどいよ、これ…」と、トンデモない下ネタが出現したことを嘆いていた。

視聴者からは、このシーンをあえてカットせずに放送した番組サイドを責める声が続出した。

《何故スタッフはこれをカットしなかったんだ笑》
《バラエティー的にはいいネタになるだろうけど、本人は相当気まずいし恥ずかしいだろうなぁ》
《これ収録だよな? 生じゃないよね? 何でこんな、ど真ん中ストレートの下ネタゴールデンで流す?》
《欅坂をそんなに評判悪くさせてぇのかよ OAで何とかなっただろ》

松田が恥ずかしがるのも無理はないが、よく考えれば「これが正解」と言えなくもない〝神回答〟であったことは間違いないだろう。

 

【あわせて読みたい】