吉岡里帆が始球式で“里帆パイ”炸裂「パイがユニから出たがっとる」

吉岡里帆 

(C)まいじつ 

女優・吉岡里帆の始球式が、ネット上で「エッチ過ぎる!」と話題を集めた。

7月8日、吉岡は東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦の始球式に登場。ホークスのユニホームに身を包み、観客に頭を下げながらマウンドへ向かって行った。

現在、データ通信サービス『Y!mobile』のCMに出演中の吉岡。同サービスはホークスの親会社であるソフトバンクグループが運営しているため、グラウンドでは同CMで行なっている〝Yポーズ〟も披露した。

大きく息をついてから投じた吉岡の一球は、バッターの背面を飛んでいくとんでもないボールに。しかし、距離的にはベースの手前でワンバウンドする〝あわやノーバン投球〟となり、意外な肩の強さを発揮することとなった。

 

爆乳を目にしてバットも大噴火!

さらに野球ファンの注目を集めたのは、吉岡自慢のバスト。ユニホームという胸が目立たちにくい格好だったにもかかわらず、推定Eカップとみられる巨乳が隠しきれていないと感じるファンも多かったようだ。

実際、ネット上には、

《平坦なユニで隠しきれないでかおっぱい》
《ガン見した甲斐を許すな》
《ガチでデカいな しかもくそかわいい》
《おっぱいがユニから出たがっとるわ》
《緊張で顔が紅潮してるのがエロいわ》
《かわいい巨乳とか法律違反だわ》
《走ったら里帆パイが…》

などといった興奮の声が。男臭いグラウンド内で、ひときわ存在感を放っていたようだ。

吉岡の爆乳を目にして選手も興奮したのか、試合はソフトバンク選手のバットが大噴火し、計4本ものホームランをブッ放して8-7で勝利。見事〝勝利の女神〟としての役割を果たしたのだった。

惜しくも〝ノーバン〟とはならなかった今回の始球式。次回以降、さらなるリベンジに期待したい。

 

【あわせて読みたい】