石原さとみ『モニタリング』にヤラセ疑惑!?「都合良過ぎだろ」

石原さとみ 

(C)まいじつ 

7月11日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、石原さとみと福士蒼汰が志尊淳や一般人にドッキリを仕掛けた。志尊は放送後、ドッキリだとは気付かなかったとSNSで振り返ったが、視聴者は「番組側は『ドッキリ』と一般人に知らせていたのでは」と指摘、疑惑の目を向けている。

現在放送中の同局ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』で志尊は、石原、福士と共演している。この日のドッキリは、一般人へのインタビュー企画に石原、福士の2人がスタッフとして紛れ込むというもの。2人はカツラや帽子で変装し、音声やADとして『Heaven?』出演者の印象を聞くインタビュー企画に臨んだ。

一般人はなかなか石原、福士の様子に気付かない様子で古谷有美アナウンサーのインタビューに答えていた。このうち、1組目の一般人は福士が出演した『お迎えデス。』(日本テレビ系)を見ていたと言及。2組目の一般人は「石原のドラマはよく見ている」と本人の目の前で明かしていた。

 

「やらせじゃないです感を無駄に出してくる」

2組ともに、挙動不審な様子を見せる石原、福士の姿に途中で気付き、大いに歓喜していた。しかし視聴者は最初からその存在を知っていたのではと指摘していた。

《ドラマ何か見てます?みたいなの聞かれて都合よく石原さんの… とか福士さんの… とか出てこないでしょ》
《ど素人ならこんな撮れ高1000回挑んで1回撮れたらいい方》

また、このところ「ヤラセでは」との指摘を受けている同番組と〝ヤラセ認定〟を受けた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を比較する声も出ている。

《もうちょっとやらせを隠そうという気がないのか》
《イッテQ!がやらせと言われ、これがやらせと言われない日本のバラエティー。なんだかなぁ》
《モニタリングのはやらせじゃないです感を無駄に出してくるのがもやっとする》

番組への批判は加熱する一方のようだ。

 

【あわせて読みたい】