石原さとみとM氏の破局報道が“怪しい”理由

石原さとみ 

(C)まいじつ 

7月9日発売の週刊誌『女性自身』が、女優・石原さとみの〝破局〟を報じた。石原の交際相手とされるのは実業家のM氏。昨年8月に2人が同棲していることをスクープしたのも同誌だ。

石原は、現在放送中の新ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主演を務めているが、ドラマ現場へは同棲中とされたマンションから通っているという。しかし最近、M氏 はここに姿を見せておらず、現在は都内の別マンションに〝転居〟したとのこと。結婚秒読みといわれていた関係から一転、すっかり冷え切って破局したと記事は結んでいる。

ところが、この報道には疑問が残るようで…。

「2人を巡っては、以前、M氏が石原の両親にあいさつを済ませたとの報道もあり、ゴールインは時間の問題とみられていました。記事では価値観のズレが破局の理由とされていますが、こんなフワッとした理由で今さら別れることはないでしょう。実際には引き続き〝結婚秒読み〟で、これはドラマの宣伝のための記事だと思われます」(芸能記者)

 

“高齢女優”に代わりにあの女優をねじ込む算段…

石原は所属している事務所の看板女優の1人。結婚となれば大きなダメージを負いそうなものだが、実のところは大した損失にならないという。

「石原は年初に放送された旅番組で女優半生を振り返り、『清純派で売ってたからさ』と、これまで窮屈な思いも強いられてきたことをにじませていました。しかし、今ではこうして熱愛を複数回キャッチされるほどガードが緩く、事務所としても〝清純派〟のイメージは捨て去っているので、結婚してもダメージはありません」(同・記者)

そして、このように石原が自由になれたのは、〝世代交代〟を狙う事務所の思惑が関係しているようで…。

「石原の事務所の女優部門をけん引しているのは、他に深田恭子、綾瀬はるかといった面々。彼女たちはみな40代が近づきつつあり、結婚を含めたプライベートについては事務所もある程度認めるようになっています。そして、事務所がこれらの次代を担う存在にしたいと考えているのが、今年で28歳を迎える高畑充希。深田も石原も結婚秒読みとみられていますが、実際に結婚や出産をしようものなら高畑は主演ラッシュを迎えるでしょう」(同)

局は違えど、この夏、ともに主演ドラマを抱えている深田と石原。ドラマ終了後には、ビッグな報告があるかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】