ガンダムの感応力が鍵? 全世界を飛び回る「不可視型UFO」の正体とは

(C)DanieleGay / Shutterstock

不可視型UFOとは「レーダーに反応しない」という意味ではない。例えば赤外線など、あらゆるセンサーに一切引っ掛からず、人の目にも見えない。それでいて世界中を自由に飛び回る、無数のUFOを指す言葉だそうだ。

なるほど宇宙人は驚異的な先進技術を持っているのだから、UFOごと不可視にすることも簡単なのだろうが、ではなぜ不可視型UFOというのか? 誰かが発見しなければ、そんな名前は付かないはずだ。

不可視型UFOは感応力、つまり物事を直感的かつ感覚的に察知し判断する、例えるならガンダムシリーズに出てくる『ニュータイプ』のような特異な能力がないと、見ることができないらしい。

 

アブダクションはニュータイプを狙ってる?

彼らを取材したあるUFOジャーナリストによれば、この不可視型UFOは〝感応力に優れる者〟を発見すると自動的に飛来して、その者を内部に取り込み、体に数種類の光線を照射しながら何かを調査するモードに入る。そして通常は何事もなく解放されるが、場合によってはそのまま連れ去られ、二度と帰って来なかった者もいたという。

これは仮説だが、もしかするとこの不可視型UFOは、太古の昔より人間の中から突出した能力を持つ者だけを選び出し、何億光年も離れた地球型惑星に輸送し、〝知的生命の種を芽吹かせる役目〟を果たしていたのではないか? ナゼなら感応力に優れる者は、新しい環境への適応性や、生命としての進化スピードが、〝普通よりもずっと早い〟といわれているからだ。

もしかすると宇宙に散らばる知的生命体の多くが、もとをたどれば地球人、なんてことも、意外とあり得るのかもしれない。