『偽装不倫』第1話! “クズ男”にキュンキュンする杏にツッコミ続出

7月10日に、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)がスタートし、視聴率10.1%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ちょっとこじれた大人のピュアラブストーリーが展開される同作だが、お相手の〝イケメン〟に対して、「ただのクズじゃん」と辛辣な声が続出していた。

32歳、独身、彼氏なしの派遣社員・鐘子(杏)が主人公。第1話では、姉の葉子(仲間由紀恵)に借りたワンピースを着て、鐘子は博多への一人旅に出かけた。そこでポケットに葉子の結婚指輪が入っていることを気づく。飛行機の中で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)に、指輪について尋ねられると、鐘子は咄嗟に自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまった。

画/クロキタダユキ

そのまま飛行機の中で会話を弾ませる2人。伴野が「結婚してる人に名前聞いちゃダメですよね」「奥さんは食事に誘えませんから」などと遠慮しながらも鐘子にグイグイアピールすると、鐘子はあっさり食事の誘いに乗っかってしまう。

 

初回はとりあえずクズとクズの絡みだが…

そしてその夜、伴野はついに「僕と不倫しませんか? ここにいるこの旅の間だけでいいから。僕と不倫しましょうよ」と持ち掛ける。鐘子は伴野を受け入れ、ホテルで身体の関係を交わすのだった。

画/クロキタダユキ

作中では、伴野が鐘子をキュンキュンさせる〝素敵な王子様〟のように描かれていたが、ネット上では

《今のところクズ男とワンナイトしただけのおはなし》
《人妻に手を出すなんてクズやないかい!》
《ドラマだからこの男はいい奴の設定なのかもしれないけど現実世界じゃ100%クズ》
《塩顔イケメンで騙されそうだったけど、普通にクズ》

などツッコミが続出している。

今後の展開次第で、見方が変わっていくのだろうか。

 

【あわせて読みたい】