島崎遥香〝減塩〟せず!「韓国人>日本人」のクソツイートが大炎上

島崎遥香 

(C)まいじつ 

元『AKB48』で女優の島崎遥香のツイッターが大炎上している。島崎は7月16日、《お爺ちゃんが子供に席を譲ってあげてるのに優先席に座ってる会社員の人たちは何で平気で座ってられるんだろう》と投稿。続けて《韓国は素敵だったな~ 健康的な若者はみんな立ってた》《妊婦さんが座れないのも悲しい現実だよね 生理痛が酷い方とかも もっともっと暮らしやすい国になって一人一人の思いやりが増えたらいいね!》とも投稿し、電車の優先席事情について持論を展開した。

「問題提起としては間違っていないと思うのですが、わざわざ他国の名前を持ち出したり、女性だけの目線でつづったりしたのがまずかったですね。一部では〝煽られている〟と感じた人もいるようです」(スポーツ紙記者)

 

ここにきての粗塩対応

事実その通り、ネット上には反論や指摘が多数寄せられている。

《その会社員が健康であるという勝手な決め付けはやめましょう》
《仮に具合が悪くても、スーツ着てるだけで批判されるのか…》
《生理痛の女性に譲れって…ひどい腰痛持ちの男性だっているだろうよ》
《たまたま目にしたものを拡大して、日本はダメ韓国は良かった~というのは愚の骨頂》
《このタイミングで韓国持ち出すとか炎上商法なの?》

あまりの反響の大きさを感じてか、島崎は同日夜に《今日のツイートで考えても考えてもやっぱり他国の方が快く思わないコメントが多くて、日本人として悲しくなったので消させてもらいました》と、当該ツイートを削除している。

「指摘の声にはもっともなものも多くあります。それを受け入れず、『他国の人に見せたくないから』投稿を消したというのでは、この削除報告さえ勝ち気に感じる人はいるでしょうね。本人に悪気はないのかもしれませんが、アイドル時代の〝塩対応〟イメージが強いだけにアンチはいまだ多いのです」(同・記者)

一時期は〝減塩〟したなどともいわれていた島崎だが、ツイッターでは相変わらずなのだろうか…。本人は芸能界で生き残るために〝塩の加減〟をガンバっているだけなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】