明石家さんま“ド変態”失礼発言…46歳の人妻に「オレは抱ける」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

明石家さんまの発言が波紋を呼んでいる。去る7月13日、さんまは自身のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。この日、さんまはゲストのタレント・加藤紀子に対し、昨年9月に彼女がブログに掲載した黒ビキニ写真を絶賛。「立派、立派。40(歳)過ぎてこの身体をキープしてるのは。すごいな」「これは抱けるわ、俺」と発言。これが問題となった。

「スポーツ紙のサイトなどもすぐ取り上げましたが、本人を目の前にして『抱ける』は、〝公開セクハラ〟じゃないかというのです。しかも加藤は既婚者。ブログで夫とのラブラブぶりも報告しています。人妻に対して『抱ける』なんて、トンデモない失礼ですよ」(芸能ライター)

加藤は2006年にクリエイティブ・ディレクターのA氏と結婚。10年に離婚。13年にヒップホップグループ『TOKYO NO1.SOUL SET』の川辺ヒロシと再婚。現在に至っている。

「さんまは加藤と仲が良く、再婚に際して保証人になったとか。もちろんラジオ発言はジョークと分かっていますが、ビキニ姿だって、あまりに遠目で加藤だと分からないほど。しかもネット上では『腹をへこませている』などという声もあり、正直、セクシーとは程遠い。だからこそ、そんなイヤらしい目で見ているのかとドン引きなのです」(同・ライター)

 

“加藤”には目が無いさんま

加藤紀子と聞いて芸能記者の間で話題になったのは〝カトパン〟ことフリーアナの加藤綾子だった。カトパンとさんまは『ホンマでっか!? TV』で共演中。

「さんまがカトパンが好きで、恋愛感情を持っているのは有名な話。昨年5月、フジテレビのバラエティー番組で女芸人にカトパンとの関係を聞かれると、さんまは『付き合いたいし、抱きたい』と、驚きべき変態発言。視聴者から、やはり『セクハラだ!』のクレームが局に入ったのです。その後の9月、カトパンはさんまに『交際はお断りします』と告げたものの、さんまが諦め切れないのが現状です」(テレビ雑誌編集者)

現在、カトパンはフジテレビ夕方ニュース『Live News it!』に月~金MCとして出演。その激ヤセぶりが注目を集めている。

「関係者の間で〝さんまヤセ〟といわれています。加藤紀子への発言にしても、実はカトパンへの間接メッセージと見る記者は多いですよ」(同・編集者)

「抱ける」とか「抱きたい」とか、さんまが我慢できずに犯罪に走らないか心配だ。

 

【あわせて読みたい】