「キモい」「女々しい」木下優樹菜“一般人”に上から目線で大炎上

木下優樹菜

(C)まいじつ

木下優樹菜が番組ロケで居酒屋に潜入し、飲んでいた男性をバッサリ斬り続けた。元の交際相手からもらったものを捨てられないと嘆く既婚男性を批判した一方で、木下も過去、交際相手からもらったものを全部は捨てていなかったと明かした。視聴者はこれを「矛盾している」と指摘。終始「上から目線」で男性と接した木下の態度にも批判の声を寄せている。

7月18日放送の『モニタリング』(TBS系)で木下は、CBCの石井亮次アナウンサーともに居酒屋へ。昔の恋人との思い出のものを捨てるか、捨てないかをテーマに設定し、一般人と議論した。

 

「女々しい」「絡みづらいんだけど」毒舌連発

木下がロケ先の居酒屋に入りグループに交じると、数多くの男性が結婚直前まで捨てられなかったものとして、元交際相手の手作りマフラーやセーター、一緒に撮った写真があると明かした。これに木下はドン引きした様子。「女々しくないですか」などと断罪した。

一方で一般女性が「アクセサリーは残している」と明かすと、木下は大いに共感した様子。「モノは悪くない」「全然使うよね」と、過去に元交際相手のアクセサリーを着け続けたことがあると示唆した。

視聴者は、木下の言動が矛盾していると指摘。

《ユッキーナがキモいよねとか言ってるけど、ユッキーナは元カレからもらったアクセサリー系は今でも使ってるって。。。》
《ユッキーナがアクセサリー取っておいて男がもの残してることに対していろいろ言うのは違うと思う》
《ユッキーナの言ってること分からんでもないけど、偏見だよなーって思う》

番組中、木下は「絡みづらいんだけど」「キモい」「ヤベぇ、何も言えねえ」などと毒舌を吐き続けた。批判を浴びながら木下に詰め寄られた一般男性が、「何これ? 尋問?」と怖がる場面も。一連の木下の態度に関しても批判の声は多く寄せられている。

《芸能人とはいえ初対面の人に対してあの態度は何なんだ?》
《上からマウント取ってくるようなしゃべり方苦手》
《木下優樹菜の発言が自分中心過ぎて珍しくイラついてしまった》

周囲の人間をイヤな気持ちにさせるテクニックは、さすが一流としか言いようがない。

 

【あわせて読みたい】