長嶋一茂『シンソウ坂上』で真相に触れず…妹との“確執”完全スルー

長嶋一茂 

(C)まいじつ 

7月18日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に長嶋一茂が出演。父・長嶋茂雄氏との関係を自ら明かした。視聴者からは一茂を称える声が出た一方で、家族関係の〝すべて〟は明らかにしなかったことに、落胆の声も上がっている。

この日、一茂は坂上忍と2人で食事しながら、坂上からインタビューを受けた。しばらく茂雄氏には会っていないと明かした一茂は、「野球をやっているときから、距離感は出ちゃっているからね」と漏らすと、坂上忍は「元の距離感に戻ったりしない?」と質問。一茂は「世間的に揶揄されるような部分もあるんだろうけど」と前置きしながら、「男として、親子関係のことって、墓場まで持ってかなきゃいけないことってあるじゃない」と、一生分かり合えない部分があっても仕方がないとした。

 

妹・三奈氏との関係には「ダンマリ」

さらに一茂が2007年の母の死以来、自身の兄弟とは会っていないと明かす。坂上が驚いた表情を浮かべるも、「もともとそうだから」と一茂は続け、「中学とか、高校で寮に出ちゃってるし」と告白。この日、一茂は茂雄氏を含めた6人家族で一緒に食卓を囲んだことはないとも明かしている。

この日はパニック障害を患った過去も明かし、視聴者からは大きな反響が寄せられた。しかし、妹でフリーキャスターの三奈氏に関して直接言及することはなかった。一茂と三奈氏の間には確執があるとも報道されているため、

《長嶋茂雄との関係はいいから長島三奈との関係を語れよ》
《妹、三奈さんとの確執には触れない。だってミスターの介護を押し付けてるからね》
《本当に知りたいのは、妹ミナさんとの関係。ミナさんがミスターの介護してるんだから、そら一茂は会えない、というか会わしてもらえない》
《まぁ、話しても全カットだろうけど》

この日の放送では「シンソウ」を解き明かすことはできなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】