松本人志の“不良品”発言を再評価!「京アニ放火事件」で世論が傾く

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

7月18日、アニメ制作会社『京都アニメーション』のスタジオが放火され、33人もの尊い命が奪われた事件。その衝撃的な負傷者の数と、残忍な犯行から世界中で心を痛める声が殺到している。また、次第に容疑者の犯行動機や素性、過去も明らかになり、知れば知るほどその〝身勝手〟な犯行に、以前物議を醸した『ダウンタウン』松本人志の〝犯人を「不良品」呼ばわり〟した発言を再評価する声が続出している。

犯人とみられる男(41)は、スタジオで「死ね」などと叫び、1階の入り口付近にガソリンのような液体をまいて火をつけた。所持品とされるリュックには、刃物が数本入っていたということで、強い殺意を持っていたようだ。19日に更新された『日刊スポーツ』のネットニュースでは、《犯人とみられる男は2012年に茨城県内でコンビニに包丁を持って強盗に入り、その後、逮捕されている》と報じている。

「今年5月28日に川崎市で小学生ら20人を殺傷し、死者2名を出した痛ましい事件について、6月2日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本が犯人に対して放った発言が物議を醸しました。その内容は、《僕は、人間が生まれてくる中でどうしても〝不良品〟って何万個に1個、絶対これはしょうがないと思うんですよね》というもの。犯人を〝不良品〟呼ばわりしたことに対し、一部視聴者からは『生まれながらの絶対的な「不良品」なんていない』『まともじゃない人は排除すべきという優生思想そのもの』などと批判が続出しましたね」(週刊誌記者)