『偽装不倫』第2話 谷原章介の“サイコパス”笑顔に恐怖の声

偽装不倫

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

7月17日、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)第2話が放送された。この回で、谷原章介が見せた怖すぎる演技に注目が集まっている。

32歳、独身、彼氏なしの派遣社員・鐘子(杏)が主人公。旅先で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)に出会い、咄嗟に既婚のフリをしたところから、まさかの恋がスタート。鐘子は伴野が自分なんかを相手にしてくれるのは、「不倫を楽しみたいから」と思い、伴野に嫌われたくない一心で既婚者のフリをし続ける。

一方第2話では、鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)の不倫が発覚。完璧な夫・賢治(谷原章介)がいるにも関わらず、名古屋へ出張に行くと嘘をつき、ピンク頭の可愛い年下イケメン・風太(瀬戸利樹)とデートする。その現場を鐘子は偶然目撃してしまい、葉子に口止めされるのだった。

 

谷原章介の笑顔はホラー

また、作中では〝良い夫〟であり続ける賢治だが、ここにきて少しずつ怪しげな雰囲気が…。出張へ行く葉子にご当地のお土産を執拗に求めたり、葉子が結婚指輪を外していることをさりげなく注意していくさまに、

視聴者からは

《谷原章介なんか怖そう》
《谷原章介の笑顔はホラー》
《谷原章介が優しすぎて逆に怖さを感じるのはあの笑顔のせいなのか、私の心が汚れているのか》
《明らかに疑ってるよね谷原章介 ちょっと怖い展開とかくるの?》

など、裏があるのではないかと推測する声が寄せられていた。

偽装不倫

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

偽装不倫

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

果たして、あの笑顔には何が隠されているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】