工藤静香「異臭騒ぎ…!?」と心配が続出する“問題の一品”とは

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

歌手の工藤静香が7月23日、自身のインスタグラムを更新。夏でもブーツを履いていることを明かしたものの、ネット上では満場一致で「臭い大丈夫?」との意見があふれた。

工藤は《私は夏でもウェスタンブーツは履きます 足が冷えなくていいのよ!》と独自の冷え性対策を伝授し、ブーツを履いた写真を公開。このブーツについて、《このウェスタンブーツは19年前の物です。19年前にファンクラブの会報に大きなおなかと一緒に載せた遠い記憶が》と、何と19年間も履き続けているお気に入りのブーツであることを明かした。

そのおかげで《当時は足の先の部分はもっとキレイなブルーだった気がします》と、足先に使用されている爬虫類系の皮が色あせてしまったとしながらも、《今のこのアジのある感じも大好きです》と、今なお愛着を持っているようだ。さらにファンからの心配の声を予測してか、《炎天下では履かないから、蒸れませぬ》と〝ことわり〟を入れた。

この投稿に、ファンからは、

《ウェスタンブーツかっこいいです》
《しーちゃんキレイ いつも~お洒落さん 私も~ウェスタンブーツ履きたくなったぁ》
《19年前のウェスタンブーツ大切に持ってるなんて! 本当~にステキなしーちゃん》

などと、工藤のセンスと物持ちの良さに感心するコメントが続出した。

 

うっせえ!メダカ水飲ませっぞ!

しかし、ネット上では臭いに関する指摘が殺到。

《暑いのにこんなブーツ履いてる人が近くにいたら絶対そばで脱いでほしくないわ》
《ださ! しかも19年前のとか絶対臭い! 最悪》
《ブーツ脱いだとたん異臭騒ぎが起こるやつやん》

などと辛らつな声が多く上がった。また、臭いだけでなくセンスについても、

《ダサ過ぎて見てるこっちが恥ずかしいわ
《おなか痛いよーwww 何このクソダサいブーツwww》
《何をどうしたらこれを買って履こうと思えるんだ》

などと、19年前の代物という事実を加味しても批判の嵐に。

「工藤さんは、冷え症の対策に〝夏でもブーツ〟をオススメしているようです。しかし、まずは、膝上のスカートで脚を露出することをやめた方が賢明かもしれません。これまで独特な手料理でセンスを光らせてきた工藤さんだけに、〝わが道を突き進む〟タイプなのでしょう。その証拠に、写真1枚目のテーブルの上には、散々ネットで話題になった〝手作りデトックスウオーター〟、通称〝メダカが沈んでいそうな水槽水〟が置かれています」(女性誌ライター)

またもや独自のセンスを見せつけた工藤。今後も彼女独自の美的感覚に注目が集まる。

 

【あわせて読みたい】