“アラフィフ”平子理沙のキス顔写真に残念な指摘「アゴのシワがスゲえ」

モデルの平子理沙が自身のインスタグラムに投稿した写真が話題になっている。7月19日、平子は「Good night」というコメントとともに、目を閉じ唇をすぼめて突き出した自撮りショットをアップした。

この平子の〝キス顔〟写真にファンは大興奮。「いい夢見れそう」「おいしいそう~で柔らかな唇食べたいよ~」「いい女世界一最高!」「癒やされる」「逢いたいよ~」などと、大絶賛の声が投稿された。

 

「なんかキモい」

しかし、匿名掲示板では、

《なんかキモい》
《唇おばけ、気持ちわるー。ばばぁの勘違いもここまでくるとウケるわ》
《よくこんな写真載せるね しかも自撮り頭おかしい》

など、まさに真逆の反応。加えて、

《アゴのシワがスゲえ》
《口の下のシワがやばいね。加工したならなぜここは加工しなかったのか…》

と、細かいチェックも入った。しかも、

《注射のおかげかしらんけど、張ってるね~!!》
《ヒアルロン酸ってしばらくしたら落ち着くの?? かなり持ち直したね》

などの整形疑惑や、

《整形モンスターの加工写真相手によくここまで持ち上げられるなあ ファンってすごい》
《よく恥ずかしげもなくこんなの公開できるな》

と、呆れる声まで出た。

「平子はもう48歳。立派なアラフィフです。例えば同年代で圧倒的な支持を得ている石田ゆり子は、インスタで炎上しないよう細心の注意を払っています。7月8日に電車の車内で撮影した写真は、アップしてから写真を差し替えています。その理由は、最初にアップした写真がメガネのレンズ面を下にして置いているのが写っていたからだとか。それについて指摘するコメントが投稿されたのを受けて、トリミングしてから再度アップするといった気配りを見せました。もちろんトリミングしたことはきちんとコメントに入れています。この気配りに、ますます好感度が上昇しています」(芸能記者)

一方、平子は〝奇跡のアラフォー〟でブレークしてから尻つぼみ。再度〝奇跡のアラフィフ〟として、あらためてガンバってほしいものだが…。

 

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】