ロンブー淳ついに衆院選出馬を決断!? 亮は“泣き落とし”の秘書役か

ロンドンブーツ1号2号  田村淳 

(C)まいじつ 

テレビで連日のように報道されている吉本興業の〝お家騒動〟に、正直、ウンザリしている視聴者も多いことだろう。

「吉本の経営側と芸人側の対立、芸人同士の敵対なんて、どうでもいい話。だいたい吉本がつぶれたって、世の中に影響があるわけではない。大事なのは、詐欺集団とされる反社会的勢力から芸人が金銭を受け取ったことに対し、会社ともども道義的な責任をしっかり示すことができるかどうかに尽きるでしょう」(芸能記者)

今回の騒動を、やや引いた格好であまりコメントしていないのが、〝当事者〟『ロンドンブーツ1号2号』田村亮の相方、田村淳だ。亮が金銭を受け取ったのは周知の通りだが、淳は今も虎視眈々と政界進出を狙っているという。

「亮が問題の当事者であるため、多くを語れないのは分かるにせよ、それだけではないでしょう。今、淳は騒動を隠れミノに〝政界就活〟しているともっぱらです。そのためにもダーティーなイメージを、それこそ1ミリも付けたくないのです」(同・記者)

 

複数の政党から誘いがある

淳の政治好きは、つとに知られている。しかし、つい先ごろ、ツイッターでの政治発言をやめると宣言したばかり。

「淳は『(竹島発言で)決まっていた番組を降ろされたから』と言っていますが、それだけではないはず。その時点ですでに亮の話が出ており、それで自粛したようです。余計な発言をしない方が賢明と考えたのでしょう」(スポーツ紙記者)

淳は現在、慶応大学法学部通信課程に在学中。とりあえず学生でもある。

「淳は山口県の工業高校出身。学歴作りのために、〝ほぼ誰でも〟入れる通信を選んだとみられます。大学を辞めても〝慶応中退〟の格好がつく。それで政界に打って出ればいいのです」(同・記者)

政治評論家によれば、衆議院の解散・総選挙は年末、もしくは来年の東京五輪の前後に行われる可能性が高いという。

「淳には複数の党から誘いがあり、まっとうな政治家志望として、出れば〝ほぼ当選〟といいます。亮も吉本に戻らないとされ、淳が当選となれば議員秘書として亮を雇えばいい。私設秘書なら、別に芸人の身分でも大丈夫です」(政治ライター)

しゃべり抜群の淳の横で、亮がお涙ちょうだいをする。選挙カーの周辺がごった返す様子が目に浮かぶようだ。

 

【あわせて読みたい】