ますます“被害”がエスカレート…誹謗中傷に悩まされた芸能人たち

ダレノガレ明美 

(C)まいじつ 

先ごろ、タレント・堀ちえみのブログに「死ね」などと誹謗中傷する言葉を何度も書き込んだとして、北海道在住の50代の主婦が脅迫容疑で警視庁から書類送検されていたことが分かり、話題となった。

この主婦は、堀が舌がんの手術を受けた2月4日の前日の3日に、「死ね消えろ馬鹿みたい」などと投稿。堀が食道がんの手術を受けた4月16日には「死ねば良かったのに」と書き込んでいたという。

「主婦は当初、堀のブログを好意的に読んでいたが、ネット掲示板などで『堀のブログはウソばかり』などと書かれていたのを見て、自分もそう思うように。そのため誹謗中傷の書き込みをするようになったとか」(夕刊紙記者)

 

頭の弱い人はネット禁止

堀のようにタレントがネット被害に遭うことは珍しくない。例えば今年1月、お笑いのたむらけんじが取材で行ったラーメン店の店主がツイッターで、《カメラがなかったらおもろないやつでした》などと投稿した。それを知ったたむらが、「え? 嘘でしょ? 気持ち良く写真も撮らせていただいたお店にこんなこと言われることあんの?」と自身のツイッターに書き込むと、その店に1日1000件以上もの抗議電話が殺到。後にラーメン店が閉店するという事件があった。

「ダレノガレ明美はネットニュースで自分の言動を切り取って載せられ、誤解した人からたたかれると明かしたことがある。その結果、有名アーティストのライブに行ったら、『なんでお前が来るんだ』と言われたり、野球観戦に行くとコーラを投げられたこともあるそう。西田敏行は〝違法薬物を使っている〟と虚偽のまとめサイトが作られたが、サイトを運営していた40~60代の男女3人が書類送検されることに。そのうちの1人は広告収入を得るため、閲覧数が稼げると思ったと話していました」(同・記者)

近年、虚偽の出来事の拡散や、犯罪予告などは厳しく取り締まられており、ネット上だからといって適当な言論が許されるわけではなくなっている。芸能人がイヤな気持ちになるこのような状況が、一刻も早く是正されるよう祈りたいものだ。

 

【あわせて読みたい】